TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.12.16

幹部インタビュー☆学生コーチ

みなさんこんにちは!

1年マネージャーの小松崎です。

 

今回は引き続き、幹部インタビュー最上級生学生コーチ編をお届けします!
今年の最上級生学生コーチはこちら!
左から:3年・今井(豊川)、川村(高知西)、森(明大中野)、住吉(明治)
今回4人に行ったインタビューの内容は、
1:自己紹介
2:学生コーチになった経緯は?
3:学生コーチになって変わったことは?
4:現在のチーム状況はどんな感じ?

です!

まず1人目は今井竜司(豊川)
1:この度学生コーチを務めることになりました、今井竜司です!
ガタイの良さは現役の選手にも負けません!

 

2:監督からお話があり、大変悩みましたが父と相談して学生コーチになる決断をしました。

 

3:良いチームにするためには、選手がよくなるためには、など常にチームのことを考えるようになりました!

 

4:とても良い雰囲気で練習に取り組めています。
この雰囲気を継続できれば必ず結果としてついてくると思います!

 

 

2人目は川村勇斗(高知西)
1:みなさんこんにちは。引き続き学生コーチを務めさせていただくことになりました、川村勇斗です。

 

2:怪我の影響があったので、1年生の5月からやらせていただいています。
学生コーチ歴はもう3年になります!

 

3:毎年変わる学生コーチの先輩方に必死でついていく中で、これだけの人数をまとめる難しさや、やりがいを常に感じてきました。
選手とは違う目線でチームに携わるので、視野の広さ気づきの点でかなり成長したと思います。

 

4:この冬は何事においても、とにかく基礎を徹底して鍛えています。
その中で、明大野球部の伝統でもある「人間力」にチーム全体でさらに磨きをかけている最中です!

 

 

3人目は住吉実希也(明治)
1:選手兼学生コーチになりました、住吉実希也です!
大切にしていることは、原因自分論です。2つ上の先輩の東原匡志(天理・H30年卒)さんから教えていただきました。

 

2:監督から任命していただきましたが、選手としての夢を諦めきれなかったので、兼任という形にしていただきました。

 

3:首脳陣や、チームメイトの発言・行動の意図に思考を巡らせるようになりました!
また、手本になる行動を取るために、自分自身を客観的に見る習慣がつきました!

 

4:一人一人の個性を出せる環境作りはできています!
それを春までにどのようにしてチーム力として結びつけられるのかが、今後の課題だと思います。

 

 

4人目は森建人(明大中野)
1:学生コーチを務めることになりました、森建人です。
少年野球チームの監督だった祖父の影響で、物心ついた時から野球ボールを握っていました!

 

2:六大学野球のリーグ戦に出場することが、幼い頃からの夢でした。
その夢が今秋のリーグ戦で叶ったので、最上級生となった今、チームの底上げをしていきたいと思い、学生コーチを務めることを決めました!

 

3:ただチームの一員として練習をこなすのではなく、選手一人一人からなるチーム全体を客観的に捉えるようになりました!
ミクロな視点からマクロな視点へ変わったことで、新鮮な発見に溢れる毎日を過ごしています!

 

4:新チームになってから、練習の雰囲気を一新させることに取り組んできました。
それが形になりつつあると感じています!
自分たちが中心となり、この雰囲気を保ちながら更に練習の質を高めていき、チームの底力を上げていくことが、春のリーグ戦優勝に繋がると思います!

 

 

〜選手に聞いた!〇〇ってこんな人!〜
今井
同部屋で、普段から仲の良い3年・橋本(佼成学園)
「基本はしっかりしていて、とてもいい人!でも時々抜けていたりして一緒にいて楽しい!」

 

川村
同じ学生コーチとして、日々チームのために頑張っている1年・武藤(佼成学園)
「常に周りをよく見ていて、人の失敗もすぐにカバーしてくれる達人!」

 

住吉
同部屋の3年・北村(鎌倉学園)
「いつも部屋にいるときはお菓子をお裾分けしてくれます!そんな可愛らしい一面もある一方で、野球に対してはすごく熱くて、チームにとても真摯に向き合っています!」

 

同じ高校出身で、私生活でも交友のある2年・小林(明大中野)
「隙がなく、真面目でしっかりしています!いつも優しく接してくださって、とても頼れる先輩です。
先輩としても学生コーチとしても、チームに必要不可欠な存在だと思います!」

 

 

最後に、ブログを読んでくださっている方々に、メッセージをいただきました!

 

今井
「私たちの学年は1年生の時を最後に優勝をしていません。
今年こそは優勝という結果を残し、もう一度ファンの皆様と喜びを分かち合いたいと思います!
ご声援の程、よろしくお願い致します!」
 

 

川村
「ここ2年遠ざかっている優勝を自分たちの学年が体現できるのは、この1年しかありません。
最上級生としてチーム力を上げて、春秋連覇を成し遂げるために精進していきます!
これからもご声援の程、よろしくお願いします!」

 

住吉
「試合を観に来てくださる全ての方に明大野球部の熱さをお伝えできるように、全力を尽くして頑張ります!
応援よろしくお願い致します!
また、何か疑問や質問等ございましたら、弊部のメールアドレスまでお願いします!ご応募お待ちしてます(^-^)」

 

「2019年こそ、応援してくださる皆様のご期待に応えられるように、チーム一丸となって優勝を目指して精進していきます!
また、このブログは女子マネージャーが日頃から全力で取り組んでいます!
今後とも、明大野球部、そして明大野球部オフィシャルブログをよろしくお願いします!」

 

次回は、快適な寮生活はこの3人無くしては成り立たない!寮長へのインタビューの模様をお届けします!
それでは、本日はこの辺りで失礼します。
 

東京六大学野球ブログリーグ一覧