TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.10.18

vs慶應義塾大学 1回戦(△2-2)

みなさんこんばんは。

4年マネージャーの中嶋です。

 

本日は対1回戦。

は開幕からここまで負けなしと、

優勝のためには何としても倒さなければならない相手です。

 

それでは試合を振り返ります。

 

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

 

先日の明慶戦直前対談で対談した、
4年・藤江(千葉黎明)と慶大・木澤投手の
八千代中央リトルシニア出身の2人(対談はこちら)、
さらに3年・植田理久都(高松商)慶大・植田響介選手
植田兄弟(対談はこちら)の対決も注目ですが、

やはり両校の先発ピッチャーで、

共に1週間後に迫ったドラフト会議で注目されている、

明大・入江(作新学院)慶大・木澤投手にも注目が集まります。

 

 

立ち上がりから両者譲らず、白熱した投手戦となります。

 

 

 

【4回裏】

遂に均衡破れます。

連打と犠打で1死二、三塁のピンチを招くと、

犠飛で先制を許します。

 

0ー1

 

 

しかしその後、入江は5・6回を三者凡退に抑え、

さらに6回には主将・公家(横浜)がサードライナーを好捕し、流れを完全には渡しません。

 

 

 

【7回表】

明治が遂に反撃に出ます。

先頭の1年・上田(愛産大三河)四球で出塁すると、

植田の三塁線を破るタイムリーツーベースヒットで同点に追いつきます!

 

 

さらに1死三塁から年・陶山(常総学院)犠飛で逆転!

 

 

 

2ー1

 

 

その後も入江は7・8回を三者凡退に抑え、

1点差で最終回を迎えます。

 

 

【9回裏】

先頭バッターに四球を許し、

続くバッターをファールフライに打ち取るも、

四番にライトへのヒットを許します。

 

このライトへの打球を後逸し、一塁ランナーは一気にホームへ。

痛恨のタイムリーエラーを喫し、土壇場で追いつかれます。

 

2ー2

 

なおも1死三塁のピンチ。

ここでベンチは二者連続の申告敬遠を選択。

満塁として七番バッターとの勝負に出ます。

 

1死満塁の息の詰まる展開で、入江は七番バッターを空振り三振、

ラストバッターをピッチャーゴロに仕留め、

サヨナラは許さず、同点で試合を終えました。

 

2ー2

 

 

入江9回被安打4、10奪三振と力投しましたが、

勝ち点1を目前で取りこぼし、悔しい引き分けとなりました。

 

 

また、藤江×木澤投手八千代中央リトルシニアOB対決は、

ヒットを許さなかった木澤投手に、

植田兄弟対決は、8回に1打席のみ実現し、

センターフライに打ち取った、弟・理久都に、

それぞれ軍配が上がりました。

 

 

*明日の試合*

 2回戦

11時試合開始

後攻 一塁側

 

 

 

明日こそ勝利し、優勝へ望みを繋げます。

引き続き応援よろしくお願い致します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧