TOKYOROCKS 東京六大学野球

東京六大学野球とは

Q.
東京六大学野球(以下、六大学)はどのようにして始まったのですか?
A.
起源は明治36年(1903年)に始まった早大対慶大の対抗戦、いわゆる早慶戦です。その後、大正3年に明大、6年に法大、10年に立大、そして14年(1925年)に東大が加わり、現在のような六大学によるリーグ戦が行なわれるようになりました。昨年2015年で連盟結成90周年を迎え、本年2016年は91年目を迎えます。
Q.
六大学の試合が最初に行なわれたのはいつですか?
A.
初試合は大正14年9月20日の明大対立大1回戦です。この試合は7対1で明大が勝ちました。ちなみに初めて明治神宮野球場で六大学の試合が行なわれたのは、神宮球場が完成した年の大正15年10月24日、明大対法大1回戦でした。神宮球場は本年2016年で90周年を迎えます。
Q.
六大学は第二次世界大戦の間も行なわれていたのですか?
A.
昭和18年、第二次世界大戦の影響により文部省から試合禁止を命じられ、東京六大学野球連盟は解散することになりました。しかし終戦直後の昭和20年10月28日に六大学OB戦、11月18日には明治神宮野球場で全早慶戦を行い、野球復興の先鞭をつけました。六大学によるリーグ戦が再開されたのは終戦の翌年、昭和21年5月19日です。
Q.
六大学の対戦カードに何か決まりはありますか?
A.
通常、開幕試合は前のシーズンの優勝校と最下位校が対戦します。また早慶戦はそのシーズンの最終週に組まれ、最終週に限り早慶戦の1試合のみとなります。
Q.
六大学の順位はどのようにして決められるのですか?
A.
六大学のリーグ戦は、全カードどちらかが先に2勝するまで同じ対戦が続きます。よって土・日の対戦が1勝1敗になると、月曜に3回戦が行なわれることになります。2勝を挙げると勝ち点1が与えられ、最も勝ち点の多いチームが優勝。勝ち点が並んでいる場合は勝率で順位を決めます。勝率も同じ場合、優勝校の決定に限り決定戦が行なわれます。
Q.
六大学の背番号に何か決まりはありますか?
A.
各校共通で監督の背番号は「30」、主将の背番号は「10」と決まっています。プロ野球で使われているような「0」や「00」は使えません。
Q.
六大学で優勝回数が一番多いのはどこですか?
A.
早大が45回で最多です。2015年に早大が春秋連覇を達成したことで、それまで44回の最多優勝を誇った法大を追い抜きました。法大が44回、明大37回、慶大34回、立大12回と続き、東大だけまだ優勝経験がありません。
Q.
六大学で一番多くホームランを打ったバッターは誰ですか?
A.
慶大・高橋由伸選手(平成6~9年/巨人)の23本です。それまで29年間、22本の記録を持っていたのは法大・田淵幸一選手(昭和40~43年/元阪神・西武)でした。
Q.
六大学で一番多くヒットを打ったバッターは誰ですか?
A.
明大・髙山俊選手(平成24~27年/阪神タイガース)が記録した131本です。それまで48年間、明大・高田繁選手(昭和39~42年/元巨人)が記録した127本が最多でしたが、平成27年10月10日、東大対明大にて髙山選手が128本目を放ち記録を更新しました。ちみなに最多打点は早大・岡田彰布選手(昭和51~54年/元阪神・オリックス)の81打点です。
Q.
六大学で一番勝ち星の多いピッチャーは誰ですか?
A.
法大・山中正竹投手(昭和41~44年/バルセロナ五輪日本代表監督)の48勝です。法大・江川卓投手(昭和49~52年/元巨人)は47勝でしたが、うち17勝が完封勝利という最多完封記録を持っています。
Q.
六大学で一番多く三振を奪ったピッチャーは誰ですか?
A.
早大・和田毅投手(平成11~14年/福岡ソフトバンクホークス)で476奪三振を記録しました。ちなみに一試合の最多奪三振は昭和29年春、明大・秋山登投手(元大洋・故人)が東大戦で記録した22奪三振です。
Q.
現役選手の主な通算記録を教えてください。
A.
投手部門では立大・澤田圭佑投手が現役最多となる18勝、191奪三振と二部門でトップに立ちます。勝利数は慶大・加藤拓也投手が16勝、奪三振は明大・柳裕也投手が187奪三振と後を追う形です。
打撃部門では立大・佐藤拓也選手が74安打、6本塁打、41打点16盗塁と四部門でトップです。本塁打は同じ立大・田中和基選手が同じく6本と並んでいます。
早大・中澤彰太選手が48安打、23打点、10盗塁と3部門で1位を追う形になっています。
(平成28年春季リーグ戦開幕時点)