TOKYOROCKS 東京六大学野球

立教大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.03.22

応援メッセージ📣

ご無沙汰しております。
新4年マネージャーの小林です!

久々の投稿となってしまい、反省しております🙇‍♀️

現在、弊部は春季キャンプを終え、
リーグ戦まで残り約3週間という大事な時期を過ごしております。

 

皆さま、春季リーグ戦の日程はご覧になりましたでしょうか?
弊部の初戦は開幕日の4月13日(土)対慶應義塾大学です!

ぜひ、神宮球場へ応援にいらしてください!

2019年度春季リーグ戦日程はこちら

 

さて、東京六大学より一足先に開幕する、⚾︎第91回選抜高校野球大会⚾︎!
本日は部員から出身校の後輩たちへ向けて、高校での思い出&応援メッセージをお届けします📣

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 

まずは、明日、開幕日23日(土)に対戦する、
高松商業高校×春日部共栄高校へ✉️
99041617-123E-4804-A3D6-756FE74CC240
写真左から、(3年投手・高松商業高出身・2017年卒)
/小林万(4年マネージャー・春日部共栄高出身・2016年卒)

浦からのメッセージ
『選抜出場おめでとうございます!私が高校時代に一番印象に残っていることは、雨が降っていた日にイタズラをした思い出です。
グラウンドに水たまりを作ろうと、水撒きの蛇口から直接水を巻いたところ部長先生にバレてしまい、一日中ランニングの罰を受けました(笑)。今では良い思い出です😊
後輩たちの皆さんは、真面目に頑張っていると思うので、私たちが達成できなかった選抜大会優勝をしてくれると信じています。頑張ってください!』

小林からのメッセージ
『22年ぶりの選抜出場、おめでとうございます!なかなか球場へ応援に行くことができませんが、いつも速報で共栄の活躍を見て、喜んでいます😊
私の学年は、春夏ともに悔しい結果に終わり、甲子園出場を叶えることができなかったので、とても羨ましく、また皆さんの輝かしい成績を嬉しく思います!
甲子園でも優勝目指して、頑張ってください⚾️

 

同じく、明日、開幕日23日(土)に初戦を迎える、
履正社高校へ✉️
IMG_7778
写真左から、片山(2年捕手・履正社高出身・2018年卒)
/川端(2年投手・秀岳館高校出身)

片山からのメッセージ
『高校での思い出はやっぱり、自分たちの代で甲子園に出れたことです。通い生だったので、毎日1時間半の登下校はしんどかったですが、履正社高校に行って良かったと思っています。
自分が3年生の時の1年生が今回、選抜に出ることはとても楽しみですし、自分たちが達成出来なかった日本一を目指して頑張ってほしいです!応援しています!!』

 

次は、24日(日)に初戦を迎える、
習志野高校へ✉️
7CD86BCC-8664-4CC9-BB96-94F51E7D6369
写真左から、小松(4年捕手・習志野高出身・2016年卒)/林中(3年内野手・敦賀気比高出身)

小松からのメッセージ
『私たちの最後の夏は、専修大松戸高校に決勝で7-3で負けてしまい、甲子園には出られませんでした。3年間で5回甲子園のチャンスがあり、その中で3回あと一勝が足りない悔しさを味わいました。
10年ぶりに甲子園に母校が出場することになり、私も野球人生最後の1年間を、悔いのないよう全力で取り組みたいと思っています。
是非、甲子園でも3度目の優勝を果たせるよう、「雑草の如く逞しく」頑張ってください!
私も再び日本一を達成できるよう頑張っていきます! 』

 

同じく、24日(日)に初戦を迎える、
横浜高校へ✉️
D88821E3-D8E8-49AE-AE15-6DCBD537D508
写真左から、小野(4年外野手・横浜高出身・2016年卒)/菅谷(4年トレーニングコーチチーフ・水戸一高出身)

小野からのメッセージ
『後輩の皆さん、甲子園出場おめでとうございます!
高校1年の時、なかなか結果が出ずに苦しんでいた私は平田監督から「人事を尽くして天命を待つ」という言葉を頂きました。
「やるべきことをきちんとこなしたらあとは楽しむ。そしたら結果はあとからついてくる。」
その言葉に背中を押され、ここまで野球を頑張ってこれました。辛い練習を乗り越えたら、あとは楽しむだけです。皆さんのご活躍を願ってます。』

 

次は、25日(月)に初戦を迎える、
龍谷大平安高校へ✉️
IMG_7772
写真左から、竹葉(3年捕手・龍谷大平安高校身・2017年卒)/島田(1年投手・龍谷大平安高出身・2019年卒)

竹葉からのメッセージ
『私が印象に残っているのは、1年の冬に土砂降りの雨の中で行った、”網なしのグラブ”でのボール回しです。
網なしグラブは、ボールをしっかり芯で捕れるように網がない形になっています!その日はとても寒く、雨でボールが滑り思うようにボールが投げられず、なかなか50周のノルマを達成できなかったことを覚えています。最後は3時間かかって何とか終わりました・・・。後にも先にもあれほど辛いボール回しはありませんでした(笑)
しかし、その練習のおかげで守備が上達し、私たちの代は1年を通して公式戦の内野の失策数が2という少なさでした😊
して今年は、僕の同級生の弟達がベンチ入りしているので、特に応援しています!
後輩たちの皆さん、まずは京都勢200勝、そして全国制覇に向けて頑張ってください!』

島田からのメッセージ
『私が2年生の夏、3年生が最後の県大会の準々決勝で、先発で出場させてもらい、勝利に貢献することができました。そして、そのまま決勝。甲子園がかかる負けられない試合にも先発をさせてもらいました。結果的に負けてしまいましたが、試合中負けていても必死にくらいつこうとがむしゃらになっている先輩達がとてもかっこよく偉大でした。
次の後輩達にも背中でみせて、楽しく元気よく頑張ってください!』

 

同じく、25日(月)に対戦する、
山梨学院高校×札幌第一高校へ✉️
282FD0E5-64B6-4D12-B031-3E765AC6C621
33F84A01-00BE-424D-A92D-D03EAA064E38
写真左から、栗尾(2年投手・山梨学院高出身・2018年卒)/柴田(1年外野手・札幌一高出身・2019年卒)

栗尾からのメッセージ
『高校時代の思い出は、やはり過酷なトレーニングです。
名物練習である丸太トレーニングでは、7kg〜12kgの丸太を持つことによって体幹を固定したり鍛える狙いがあるのです。丸太を持って300mのコースを約1分以内で走るメニューを1日に30本以上、その他ジャンプランジなど基本的な下半身トレーニングにも使われます。過酷なトレーニングではありますが、肉体的にも精神的にも選手を強くしてくれる練習でした。
今年の後輩たちも、冬場には過酷なトレーニングをこなしたと聞いています!試合を思い切り楽しむために冬の間辛い練習を乗り越えてきたと思うので、選抜ではそのやってきたことを思い切り発揮し、楽しんでもらいたいと思います。頑張れ!!』

柴田からのメッセージ
『選抜大会出場おめでとうございます!高校時代の思い出は、毎日8キロの走り込みと振り込みです。きつい練習ばかりでしんどかったんですけど、その練習のおかげで成長できました!
選抜大会では自分も悔しい思いをしているので、悔いの残らないよう全力で戦ってください。常勝一高!応援してます!』

 

同じく、26日(火)に対戦する、
広陵高校×八戸学院光星高校へ✉️
9D229DC7-7541-4B82-80E0-94BFE534E256
写真左から、吉岡(1年内野手・広陵高出身・2019年卒)/伊藤(3年内野手・高田(岩手)高出身)

IMG_7794
写真左から、中﨑(3年投手・立教新座高出身)/澤田(4年外野手・八戸学院光星高出身・2016年卒)

吉岡からのコメント
『広陵高校野球部の皆さん、第91回全国選抜高等学校野球大会出場おめでとうございます!
私自身、広陵高校野球部を離れて気づいたことは、団結力と意識の高いチームであるということです。
その団結力は、寮生活、学校生活、野球の練習で培われるものだと思います。
意識の高さは、仲間に負けたくない気持ちから生まれお互いを刺激しあって高まっていっていたなと感じました。
選抜大会ではチームがどうやったら勝てるかを1人ずつ考え、一戦必勝で、目の前の相手と戦って選抜日本一目指して頑張って下さい
遠方から応援しています。』

澤田からのコメント
『澤田俊一です。首脳陣をはじめ、選手の皆さん選抜甲子園出場おめでとうございます。
光星の持ち味は打撃力だと思います。投手が13メートルから本気で投げる近距離バッティングや、雪の為長靴を履いてのノックなど、甲子園で活躍する為に日々頑張って来たと思います。打の光星が甲子園で観れることを期待しています。
悲願の優勝「白河の関越え」を目指して頑張って下さい。』

 

同じく、27日(水)に初戦を迎える、
国士舘高校へ✉️
IMG_7774
安陪(3年投手・国士舘高出身・2017年卒)

安陪からのコメント
『まずはじめに、春の選抜甲子園出場おめでとうございます!
野球漬けだった高校3年間では、多くの思い出が残っています。学校のある日も午後から練習していたことや、寮生活で仲間と過ごした日々がとても懐かしいです。特に野球では、毎日22時まで自主練習をしていたことが成長に繋がったと感じています。寮生活では、毎晩700グラムのお米を2杯食べていたことが1番の思い出です。心身ともに大きくなれた3年間でした。
国士舘高校の皆さん、甲子園でも自信を持って頑張ってください!応援しています!』

 

同じく、27日(水)に初戦を迎える、
桐蔭学園高校へ✉️

IMG_7803
写真左から、笠井(4年内野手・桐蔭学園高出身・2016年卒)
/冨永(3年内野手・桐蔭学園高出身・2017年卒)

笠井からのコメント
『私の高校時代の思い出は、テスト期間の出来事です。ほとんどの野球部員は、私立文系コースを選択するのですが、私は国立文系コースを選択しテスト勉強も大変でした。
そして、寮で勉強してから自分の部屋に帰ると、同部屋の後輩は必ず寝ていました。その寝顔を見ると腹が立って仕方がありませんでした…。その部屋っ子は今も立教大学に所属している冨永(3年)です(笑)
桐蔭学園の皆さん、甲子園での活躍期待してます。自分たちでつかんだ夢の舞台、思いきり楽しんでください。がんばれ桐蔭!!!』

冨永からのコメント
『私の高校時代の思い出は、ある日、私の同部屋の先輩が寝坊をしてしまいました。しかし、監督に怒られたのは、先輩ではなく私でした。なぜか起こさなかったという理由で、もの凄く怒られました。ません。その先輩とは、なんと今もこの野球部にいる笠井さん(4年)です。あの出来事は一生恨み続けます(笑)
後輩の皆さん、甲子園という夢の舞台で自分たちの分まで暴れてきてください!
応援には行かれませんがテレビの前から応援しています!』

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 

いかがでしたでしょうか?

フレッシュな後輩たちの活躍からパワーをもらい、
私たちも春季リーグ戦を戦っていきたいと思います(^_^)!

 

長くなりましたが、最後までご覧頂きありがとうございました!

 

【4年・マネージャー・小林万里菜・春日部共栄高校出身】

東京六大学野球ブログリーグ一覧