BIG6 BLOG LEAGUE

早稲田大学
野球部ブログ

主将 中川 卓也

【Weekly MGR】 vol.48

こんにちは!1年マネージャーの成瀬かおりです。

今週は最強寒波が列島を襲い、とても寒い日が多くありました。皆さま体調など崩されていないでしょうか。私はなるべく温かい飲み物を飲んだり、入浴剤を使って湯船に長い時間浸かったり、体を冷やさないように工夫していました。まだまだ春は遠いですが、なんとか乗り切りましょう🌬️

 

さて、だいぶ日が経ってしまいましたが、年末年始のオフに実家に帰省した部員が多くいました。そこで今回は1年生の地方出身者に、地元の魅力について語ってもらいました!
1年生が入部した春先に、新入生紹介と題しそれぞれが自分の地元や座右の銘などを紹介していましたが、今回はそれよりも深く、より地元にフォーカスした内容となっております。彼らと地元が同じ方がいらっしゃいましたら、ぜひ彼らのことを応援していただけますと幸いです。

今回地元自慢をしてくれる部員は、こちらの3人です!

DSC_0442左から、今井千凱、森田丈士、高屋敷透弥です。

全員東京から離れた地方の出身者であり、現在は学生寮やアパートで生活をしています。

 
それではどうぞ!

まず、森田丈士(1年・内野手・人間科学部・土佐塾)です!

私は高知県土佐市出身です。土佐市は高知県の中央部に位置し、市の南部は太平洋に面する人口2.6万人ほどの小さな街です。北部および西部は山に囲まれ、自然豊かな街です。中でも東部を流れる仁淀川は清流として知られ、全国の水質ランキングでも上位になるほど美しく清らかです。その神秘的な色彩は仁淀ブルーと呼ばれ、その澄んだ清流でカヤックなどの川遊びを楽しむことができます。

S__15368214

土佐市には江戸時代初期から始まった伝統の祭り、大綱祭りがあります。毎年8月の第3土曜日開催で、全長約80メートル、約1トンものの大綱を引き合う姿は圧巻です。使用する大綱は土佐市の特産品である紙で作ったもので、子どもから大人まで約500人が参加します。近年は新型コロナウイルスの影響で中止が続いているので、コロナウイルスの終息と祭りの復活に期待したいです。

土佐市の祭りといえば、私は小学生の頃、竈(かまど)神社の祭りに参加していました。これは土佐市高岡町の竈神社で毎年10月に開催される祭りで、6歳以上の男子が子踊りを奉納するというものです。太鼓2人、鐘4~5人が9つの歌を歌いながら踊ります。1か月練習し、準備して迎える本番当日は地域の多くの方が見物に訪れ、踊り終わった時には大きな達成感があります。また祭りの最後に振舞われる豪華な食事もいい思い出として残っています。

S__15368215写真左の赤色の衣装を着ているのが森田丈です。お化粧をしているようです。

高知の名物料理としてよく知られているのはカツオのたたきだと思いますが、私はウツボのたたきをおすすめします。ぷりぷりとした身は淡泊ですが深い旨味がありとても美味しいです。加えてウツボには良質なたんぱく質、カルシウム、鉄分が豊富に含まれ、皮と身の間のゼラチン質は天然のコラーゲンを多く含んでおり、栄養面でも優秀な食材なのでぜひ一度食べていただきたいです。

 

続いては、高屋敷透弥(1年・内野手・文学部・八戸)です!

私は青森県八戸市出身です。八戸市は青森県の東部に位置し、太平洋に面しています。人口は22万人ほどで青森市、弘前市と共に青森県主要3市の一角を担っています。

八戸市のお祭りといえば、八戸三社大祭があります。八戸三社大祭は神社神道のお祭りであり、人形山車がお囃子に合わせて運行されます。300年もの歴史と伝統のある八戸で最も大きなお祭りです。

私が八戸市で1番好きな場所は蕪島(かぶしま)です。今年は蕪島神社に初日の出を見に行きましたがまさかの住宅街からの初日の出でした。蕪島はウミネコの繁殖地として国の天然指定物に指定されていて、驚くほど多数のウミネコを見ることができます。

S__15368216

最後に八戸市の名物料理として八戸せんべい汁をおすすめしたいと思います。八戸せんべい汁は鶏だし醤油がベースの汁にお肉、野菜、そして最後に汁物専用のおつゆせんべいを割って入れて作ります。汁物にせんべいを入れることに疑問を感じる人もいるかもしれませんが、八戸市では日常的に家庭で食され、小学校、中学校では給食のメニューとしても提供されます。八戸市にいらした際はぜひ食べてみてほしいです。

 

最後は、今井千凱(1年・外野手・人間科学部・長崎西)です!

私は長崎県長崎市出身です。長崎県は日本の西端に位置し、長い歴史がある港町です。そんな私の自慢の地元を紹介したいと思います。

まずはじめに紹介する好きな場所は、弁天白浜という海水浴場です。夏には泳いだり花火をしたりして楽しみました。また、夕日が綺麗で落ち着きのある場所です。

次に紹介する長崎の観光スポットは、長崎のランドマーク的な存在である稲佐山展望台です。長崎は「坂のまち」とも知られており、平地が少なく山間部の斜面にも建物が密集しています。その家々が灯すあかりが作り出す長崎の夜景は絶景です。足元に広がる幻想的な光景はとても綺麗です。夜景が魅力の長崎市には他にもいくつか夜景スポットがあるのでぜひ夜景巡りをして楽しんでください。

S__15368217

また長崎市は食べ物もおいしいところです。ちゃんぽんや皿うどんといった料理が有名ですが、他にも海鮮や佐世保バーガーなどおいしいものがたくさんあります。

 
以上になります。
私は旅行が好きなので、彼らの話を聞いて、高知、青森、長崎に行ってみたいと思いました。いつか訪れることができた際は、彼らに詳しくおすすめ情報を聞きたいです!🧳🌟

最後までご覧いただきありがとうございました!

前の記事
2023.01.22 【Weekly MGR】vol.47