BIG6 BLOG LEAGUE

慶應義塾大学
野球部ブログ

主将 下山 悠介

新入部員紹介!その53<和田桜花>

はじめまして。
商学部1年、マネージャーの和田桜花です。
徳島県立城南高校出身です。

私は父が高校野球の監督を務めており、小さな頃からよく父の試合や甲子園に家族で足を運び、野球が身近にある環境の中で育ちました。

高校では硬式野球部のマネージャーを務め、3年間の活動を通して、選手が努力する姿を近くで支えることができるやり甲斐、立場は違っても同じ目標に向かって頑張ることの楽しさや感動を覚え、大学でもマネージャーを続けたいと考えていました。
高校では学年で1人のマネージャーであったこともあり、チームを支えるマネージャーの私も、常に多くの人に支えられて活動できていたことを強く実感していました。そこで、大学でも野球部として活動し、支えてくださった人への恩返しがしたいと思い入部を決意しました。

私が日々の活動の中で大切にしているのは「迷ったときは大変な道を選ぶ」という言葉です。これは私が高校2,3年生の時に担任を受け持ってくださった先生の言葉で、今の私がずっと憧れであった慶應義塾大学野球部という組織の中で活動できているのもこの言葉のおかげだと感じています。私が感じていたように、これからも野球部が多くの人にとって魅力溢れる憧れの存在であり続けるため、いつも応援や支えてくださる方々への感謝を忘れず精一杯頑張ります。

和田桜花

この写真は私にとって日々の1番の癒しとなっている愛犬です。大学に入学してから会える機会は少なくなってしまいましたが、毎日私が頑張れる活力となっている大切な家族です。

チームの勝利、日本一に貢献できるよう全力で尽力いたします。
よろしくお願いします!

(1年・マネージャー・和田桜花/徳島県立城南高校出身)