TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.12.05

新幹部挨拶 主務・福田拓也 副務・赤松尚範

こんにちは。
新チームより主務を務めさせていただきます、福田拓也と申します。
はじめに、日頃より塾野球部に対し多大なるご支援ご協力を賜りまして誠にありがとうございます。塾野球部の歴史と伝統は、多くの方々の支えによって継承されてきたのだと、マネージャー活動を通して実感する毎日です。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

さて、日本一の瞬間がまだ記憶に新しい今日ですが、新チームは来春に向け始動し始めました。
毎年のように優勝争いを経験させていただき、負ける悔しさと勝つ喜びを身をもって知っているチームではありますが、やはりまだまだ力不足であることが現状です。
多くのタレントが揃い、日本一のチーム力を誇った旧チームの背中は遠く、プレッシャーも大きいですが、このチームなりのベストなパフォーマンスを目指して、日々練習を積み重ねていきます。
また、今年度より堀井新監督に指揮を執っていただきます。このような節目に主務として立ち会うことに不安もありますが、同期・後輩達と力を合わせ、チームを勝たせるマネージャー陣となれるよう邁進してまいります。
僕個人としても、今年で16年間の野球人生・7年間のマネージャー人生の集大成となります。今まで培ってきた知識や経験と、これからの1年の成長で、チームへ最大限の貢献をしていく所存です。

最後になりますが、皆様の応援が本当に大きな力となります。今後も塾野球部への変わらぬご声援のほど、よろしくお願いいたします。

(新4年・主務・福田拓也/慶應義塾高校出身)

 

今年度副務を務めさせていただきます、赤松尚範と申します。
皆様におかれましては日頃より弊部への御支援、御声援を賜り、心より御礼申し上げます。

マネージャーとして3年間活動するなかで、本当に多くの方々の御協力のもとで弊部が存在していることを強く感じてまいりました。大学最後のシーズンは、チームとして、また私自身がこれまでお世話になった方々への感謝の想いを行動や結果で伝えられる1年間にしたいと考えております。

12月より堀井哲也新監督を迎え、新チームがスタートいたしました。
新体制が始まり、これまで以上に私たちマネージャーの役割が重要になってくると身が引き締まる思いでいっぱいです。

私たちの代は入学してから毎年優勝を経験させていただいており、「チームを勝たせる」マネージャーの先輩方を間近で見てきました。今年も主務の福田、女子マネージャーの池田と協力し、チームが優勝するために必要なことは全てやり切るつもりで日々過ごしてまいります。

新チームに大学日本一の余韻はなく、来春のリーグ戦に向けた準備を始めております。
来年こそは早稲田大学に勝利して優勝できるようチーム一同精進してまいりますので、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

(新4年・副務・赤松尚範/小山台高校出身)

IMG_3537

左:赤松 右:福田

東京六大学野球ブログリーグ一覧