TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.10.19

vs慶應義塾大学 2回戦(●2-7)

 みなさん、こんばんは!

4年マネージャーの小栗です(^^)/

今日こそ勝って、優勝への望みを繋ぎたいところ…!

それでは試合を振り返っていきましょう!

 

★本日のベンチ入りメンバー★

 

先発は3年・竹田(履正社)

【1回裏】

1アウトから1年・西川(履正社)が相手のエラーで出塁すると、

続く、3年・丸山(前橋育英)レフト前ヒットを放ちます!

後続はセンターフライに打ち取られるも、

西川がその間に進塁!

2アウト一、三塁とします。

続くバッターは昨日同点に追いつくタイムリーツーベースヒットを放った、3年・植田(高松商)

 

レフトへのタイムリーヒットを放ち、

1点先制します!

1-0


【2回裏】

またも1アウトから2年・西山(履正社)ライト前ヒットを放つと、

ラストバッターの竹田は四球を選び1アウト一、二塁としますが、後続が絶たれ追加点を奪うことは出来ません。

1-0


【3回裏】

1アウトから四球で出塁すると、

内野ゴロで進塁し2アウト二塁とします。

続くバッターは主将・公家(横浜)

センターへのタイムリーヒットを放ち、1点追加します!

2-0


【4回表】

四死球、正木選手のヒットなどで2アウト満塁のピンチを招きます。

そして瀬戸西選手にライトへの2点タイムリーヒットを浴び同点とされます。

エラーでなおも2アウト満塁とし、

1年・石原(広陵)がマウンドにあがります。

3球三振を奪い、このピンチを切り抜けます。

2-2


【4回裏】

2アウトから今季初スタメンの2年・村松(静岡)左中間へのツーベースヒットを放ちます!

しかし、後続が内野ゴロに倒れ勝ち越しとはいきません。

2-2


【5回表】

四死球、福井選手のヒットで1アウト満塁とされます。

そして、リーグ戦初出場初打席の長谷川投手に満塁ホームランを浴び勝ち越されてしまいます。

続いてマウンドにあがったのはリーグ戦初登板の1年・村田(春日部共栄)

先程、同点のタイムリーヒットを打たれた瀬戸西選手をライトフライに抑えます。

2-6


【5回裏】

1年・上田(愛産大三河)ライト前ヒットを放つも、

得点を奪うことはできません。

2-6


【7回表】

この回から2年・渡部翔(千葉黎明)がマウンドにあがります。

福井選手のヒットと2つの四球で満塁のピンチを招きますが、再び瀬戸西選手を抑え得点を許しません。

2-6


【8回表】

3年・磯村(中京大中京)がマウンドにあがります。

ランナーは許すも、無失点に抑えます。

2-6


【9回表】

この回からマウンドにあがったのは3年・髙橋(小諸商)

先頭の正木選手にソロホームランを浴び、点差を広げられてしまいます。

2-7

反撃したい明治でしたが7回から毎回三者凡退に抑えられ、

2-7で敗戦してしまいました。

*☼*――――*☼*――――*☼*――――*☼*

 

次回の試合

 

東京大学

10月31日

13時30分試合開始予定

先攻三塁側

11月1日

11時試合開始

後攻一塁側

 

 *☼*――――*☼*――――*☼*――――*☼*

ついに秋季リーグ戦も再来週ラストカードを迎えます。

このような状況の中、毎カード多くのご声援をいただくことができ、とても恵まれているなと感じています。

最後まで応援の程、よろしくお願いします!!!

 

それでは本日はこの辺りで失礼します<(_ _)>

東京六大学野球ブログリーグ一覧