フリーパス付きプレミアムパス 2024年度版の販売開始!
BIG6 BLOG LEAGUE

東京大学
野球部ブログ

主将 藤田 峻也

1年前と比べてみよう!

TOKYOROCKSをご覧の皆さま、こんにちは!

2年マネージャーの堂埜です。

皆さまは、1年前に現在の2年マネージャーが初めてのブログとして執筆した『Let’s Go Freshmen!』 を覚えているでしょうか?

全4回にわたるブログで新入生を特集したのですが(気になる方はこちらから→Vol.1/Vol.2/Vol.3/Vol.4)、今回は1年間でそれぞれの印象がどう変化したかに注目してブログを書いていきたいと思います!

(近況として話せるようなネタが何もなかったので、突然本題に入らせてください😭)

リーグ戦後に開催される春季フレッシュトーナメントに向けても、ぜひ個性あふれる2年部員をもっともっと知っていただければと思います!

—————————————————————————————————

2年選手にアンケートをとり、前回のブログから印象が変わった人、逆に印象が変わらない人を調査しました!

特に多くの票を集めた人を紹介していきます!

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

○前回のブログから印象が変わった人

最も多くの票を集めたのは伊藤滉一郎外野手(2年/県立千葉)でした。

ただその内容はと言うと、、、

「入部当初は行き帰りの電車で野球のことなどまじめに話し合う仲だったのに、今ではお互いふざけた話しかしなくなった。」(堀部内野手(2年/県立船橋))

「野球うまいけど野球しかできなかった。」(大坂外野手(2年/金沢泉丘))

などなど。

また、シェアハウスで伊藤外野手と共に生活している川又捕手(2年/渋谷教育学園渋谷)鈴木宥悟内野手(2年/浅野)からも「頭がおかしい」「日本語が通じない」などの声が寄せられており、散々な言われようです…。

今回のブログは2年生の知られざる素敵な面を紹介したくてこの企画にしてみたのですが、早速雲行きが怪しくなっています😢

しかし伊藤外野手は先日の対法政大学1回戦でのリーグ戦初打席で初安打を放ち、フレッシュでも活躍が期待される選手の1人です!試合後に「おめでとう」と声をかけたらふわっと可愛い笑顔で反応してくれました。

R5.11.02 fresh vsK canon(129)

(伊藤外野手)

フォローのつもりが、野球しかできないというエピソードに拍車をかけてしまった気がしないでもないですが、次の選手に移りましょう…。

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

次に多くの票が集まったのは小村内野手(2年/私立武蔵)です。

1年前のブログで私は内野手編を担当したのですが、その際に「イケメン」「完璧」といった声ばかり集まっていたのを思い出します。

そんな小村内野手の今の印象は、、、

「きりっとしてるかと思いきや意外と甘えん坊だし子供っぽい。」(平泉投手(2年/戸山))

「完璧なエリートだと思ってたが歌が下手だったり子供っぽい人間らしい一面もあった。罪な男である。」(前田投手(2年/熊本))

など、可愛らしい一面についての声がたくさん寄せられました。

R60504vsW①donocanon(161)

(小村内野手)

先輩たちをいじりつつ仲睦まじく話している様子もよく見かけるので、クールキャラではなく人懐っこい弟キャラのイメージが正しいのかもしれません。

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

近藤投手(2年/筑波大附)も小村内野手とほぼ同数の票を獲得しました。

同期たちからは、

「最初はふざけた奴だと思っていたが、自分の投球に対し非常に研究熱心で、なりたい選手像も明確でとても真面目だと感じる。」(明石捕手(2年/渋谷幕張))

「お笑いキャラだと思ってたけど(実際そう)、合宿中に試合の反省を長々とメモしてるのを見てそれだけじゃないんだと思った。」(中井アナリスト(2年/金沢大附))

などの声が寄せられました。

1年前のブログでは秀才っぷりと共にモノマネに定評のあった近藤投手ですが、今回は野球に対する真摯な姿勢を挙げた人が多かったです。

R5.11.03FreshvsWdono (123)

(近藤投手)

フレッシュでも研究を生かした好投に期待が寄せられます!

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

<スタッフ編>

スタッフは選手とは分けてギャップの大きかった人を尋ねたのですが、橋本マネージャー(2年/雙葉)中井アナリストが1位タイという結果になりました。

橋本マネージャーについては、

「最初はお嬢様だと思っていたが、結構てきとう。」(片山アナリスト(2年/筑波大駒場))

「野球とはあまり縁がなさそうなお嬢様みたいなイメージだったが、すごく野球好きなのだと知った。」(本岡内野手(2年/基町))

のように、女子校出身ゆえのギャップが綴られていました。

ちなみに同じく女子校出身の寺嶋アナリスト(2年/お茶の水女子大附)には、入部当初から変わらないふわっとした雰囲気があるとの声が集まっていました!

私自身橋本マネージャーに対して、最初は女子校出身の子と話が合うのか勝手に心配していましたが、今思えばとんでもない杞憂でした。しかし彼女の思考には謎がたくさんあり(写真参照)、別の意味で話が合わないこともあります…(汗)

S__30425093

(橋本マネージャーのアナウンス反省ノートに登場する謎のうさぎ)

—–

一方中井アナリストに対しては、

「最初は声のデカい真面目な奴だと思っていたが、徐々に変な奴だと感じることが多くなっていった。」(藤原外野手(2年/県立福島))

「冗談通じなさそう→めっちゃ通じる(話しやすい)」(垣田投手(2年/高等学校卒業程度認定試験))

のように、真面目な印象から変化したとの声が多かったです。

また、声の大きさには入部当初から定評(?)があり、後ほど紹介する、印象が変わらない人の欄に挙げて「ずっと声が大きい」と書いた人も多かったです。

IMG_2093

(中井アナリスト)

ここからはその他、印象的だったアンケート結果を取り上げていきます!

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

横山投手(2年/新潟)

1年前のアンケートでは怖い投手の圧倒的1位に君臨した横山投手ですが、

江口直希投手(2年/海城)が「怖いと思っていたけど、いいやつだった。信頼できる。」とコメントしているように、「いいやつ」「気さくに話してくれる」との声が集まりました。

私は横山投手と同じクラスなのですが、今学期は私が誘ったスペイン語の授業を一緒に履修してくれていて、とても話しやすく助かっています!(ただし勉強を教えてくれる訳ではありません😢)

_DSC4315

(横山投手)

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

石川内野手(2年/灘)春山内野手(2年/昭和学院秀英)

2人には、最初は尖っていたけど丸くなったという似たコメントが寄せられていました。

個人的には「周りが個性豊かすぎて丸くならざるを得ない」という表現の方がしっくりくる気がしないでもないですが…、ともかく丸くなってくれてありがたいです(笑)

R5.11.04 FreshvsW canon (476)

(石川内野手)

 IMG_7709

(春山内野手)

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

○前回のブログから印象が変わらない人

前田投手

1年前のブログではかっこいい投手ランキングで1位に輝き、愛されキャラであると評されていた前田投手ですが、その愛され具合は今も健在で、投手陣を中心に票を集めました。

江口投手によると「いつも話題の中心になるし、なんだかんだで結局みんな前田のことが大好き💕」とのことです。

_DSC0190

(仲良しな江口投手(上)と前田投手(下))

普段の様子だけではなく、マウンド上での堂々とした佇まいもきっと前田投手がかっこいいと言われる所以なのでしょう。

・・━━・・━━・・━━・・━━・・

堀部内野手

1年前のブログで岡林外野手(2年/土佐)に「誠実リーダー」とあだ名をつけられた堀部内野手ですが、新入生が入ってきた現在、そのキャプテンシーにはますます磨きがかかっています、皆さんもぜひご注目ください。

_DSC0305

(頼れる堀部内野手)

—–

まだまだ興味深いアンケートの結果はあるのですが、今回はこの辺りで終わりにしようと思います。

いつまでも初心を忘れず頑張りたいと思う一方、同期の様々なエピソードを発見できて私自身楽しみながら執筆しておりました。

皆さんも、2年部員の意外な一面を発見することはできたでしょうか?

リーグ戦後のフレッシュトーナメントにもぜひご注目ください👀

—————————————————————————————————

そして!!まず今週末は春季リーグ戦の最終カード、対立教大学戦です。

勝ち点獲得、最下位脱出に向け熱いご声援のほど、よろしくお願いいたします!

R6S試合告知慶應

次回のブログは、アンケートで石田マネージャー(2年/札幌西)に対して「俺より野球歴短いのに球は多分速い😭」と悲しみの声を挙げていた中村祐大マネージャー(2年/渋谷幕張)立教大学戦についてお届けします。お楽しみに!

—–

堂埜智咲紀(2/マネージャー/湘南)

前の記事
2024.05.14 対法政大学戦