TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2016.06.21

新入部員紹介!その12<中村 健人>

はじめまして。
環境情報学部1年の中村健人です。
中京大中京高校出身で、ポジションは外野手です。

僕が野球を始めたきっかけは、父の影響が一番大きいと思います。物心がついた頃にはボールとバットを持たせてくれていました。幼稚園にあがると、近所の小さな公園で友達と片方が投げて片方が打つというだけの野球で毎日遊んでいました。それから野球にのめり込んでいきました。

 

12 中村 人生の中で一番震えた瞬間

「人生の中で一番震えた瞬間」

それはやはり、名門・中京大中京の3年間で最後の夏に初めて体感した甲子園出場を決めた瞬間です。

中京大中京は甲子園の常連校で、日本中に名の知れた名門校だと思い、入学を志望しました。しかし、入学してからの5回のチャンスのうち、あの試合で勝っていたら行けていたよな、あのフライを捕っていたら勝ってそのまま甲子園に行けていたよな・・・と言い続けて4回を失っていました。その4回すべてのチャンスをメンバーとして経験させてもらい、自分の代では負けないチーム作りをしようとしていました。

自分の代は、周りから、体も小さく、飛び抜けた選手もいない、史上最弱のチームと言われ、コーチからも1つ下はいい選手が取れている、お前らの代だとスタメンも後輩に奪われるぞ、と言われていました。
そこで、冬の期間に体作りをチーム全員で見直し、目標BMI値を設定し、朝練の内容・質を改革しました。ゴミを“幸せ”だと唱えて地域清掃を改めて強化し、スイング表を部室に貼り、競うようにバットを振りました。あらゆる面を夏の予選を迎えるまでも、迎えてからも、詰めに詰めました。
その末に掴んだ愛知県大会の6勝。そしてこの6勝目には、感じたことのない高揚感と感動が待っていました。
そんな瞬間がこの一枚です。

 

(1年・外野手・中村健人/中京大中京高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧