TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.05.10

2017春 法大戦振り返り

快晴の神宮。9回裏慶應の攻撃、2アウト、1番天野の力ないゴロがセカンドのグラブに収まり、ファーストへ転送。。

とても悔しい敗戦でした。。

 

前川です。

 

今回の相手は法政大学。開幕2カードで4連敗したものの、その後の明治戦に連勝して勢いに乗っているチームでした。計3戦を振り返ります。

 

《第1戦》 K 5-5 H

先発は東大戦、立教戦に続いて1年生の関根でした。初回、先頭こそ切りますが、ヒット2本と死球で満塁のピンチを作り、犠飛やサードベースに当たる適時打などで4点を失ってしまいます。

しかし、すぐその裏に法政先発の長谷川投手をとらえて満塁のチャンスを作り、郡司が10球粘って押し出し四球、清水翔太が適時打、倉田の内野ゴロと、しっかりと取れる点を取りきり、3点を返します。

3回からは先発の関根に代わって菊地が登板し、完璧な投球で流れを引き寄せます。すると3回裏にチャンスで主将・照屋に適時二塁打が飛び出し、試合を振り出しに戻します。

この後、4回にエラーで出した走者をワイルドピッチで返され、1点を勝ち越されますが、打撃好調の清水翔太がリーグ戦初本塁打となるソロを叩き込み、再び同点に。お互い譲らぬ戦いとなり、試合はそのまま延長戦に入ります。

 

2017春法政①清水翔太2(4年・桐蔭学園)
リーグ戦初ホームランを含む3安打を放った清水翔太
写真提供:慶應スポーツ新聞会

延長戦ではビッグチャンスが2回到来するも法政外野陣の素晴らしい守備に阻まれ、立教戦に続いて第1戦を引き分けで終える事になりました。

 

 

《第2戦》 K 4-5 H

第1戦で負けなかった事をプラスに考え臨んだ第2戦。前日のお返しと言わんばかりに初回から郡司と清水翔太の連続タイムリーで2点を先制します。

2回に内野ゴロの間に1点を失ったものの、3回には岩見にタイムリーが飛び出し、先発・髙橋佑樹も安定した投球を披露した事で、試合を優位に進めます。

 

2017春法政②髙橋佑樹5(2年・川越東)
防御率2.28と安定したピッチングを見せる髙橋佑樹
写真提供:慶應スポーツ新聞会

しかし、6回に郡司にバントミス、7回にはチャンスで岩見が見逃し三振と相手に流れが傾きかけていたところ、リリーフでマウンドに上がっていた菊地が7回に捕まってしまいます。先頭から四球を一つ挟んで4連打。一挙4点を失い、3-5と逆転を許します。

その後、倉田の犠飛で1点を返すも、あと1点のところでやはり法政大学の堅実な守備の前に屈してしまい、あと一歩届かずに敗戦を喫する事になりました。

 

 

《第3戦》 K 4-8 H

前カードの立教戦も引き分け、負け、と嫌な流れから連勝で勝ち点を取った事もあり、チームの雰囲気は決して落ち込んではいませんでしたが、連戦で少し疲れの色が見えていました。

試合は2回、3回と立て続けに3点を奪われてしまい、6点ビハインドという苦しい形でスタートする事となります。

それでも、前日悔しいマウンドとなってしまった菊地が、連投の疲れを感じさせない気迫のピッチングで流れを引き寄せ、6回の岩見のソロ本塁打で反撃を開始します。直後の7回にも柳町の犠飛と岩見の2打席連続となる2ランで4-6まで追い上げます。

 

2017春法政②岩見雅紀2(4年・比叡山)
2打席連続ホームランを放った岩見
写真提供:慶應スポーツ新聞会

なんとかこのまま同点まで、、と行きたいところでしたが8回に法政主将・森選手にダメ押しの2点タイムリーを浴び、これが致命傷となり敗戦。連敗で勝ち点を落とす事になってしまいました。

 

 

選手全員が総力を尽くしましたが、波に乗る法政大学から白星を挙げる事が出来ませんでした。勝てなかった原因を考えるといくつも挙がってきます。度重なるバントミスなど、自らを苦しめるミスが要所で出てしまった事で上手くリズムを掴む事が出来ず、失点を喫するケースが多くありました。

 

しかし!!

落ち込んでいる暇はありません!!(このブログは部員のみんなを励ます為にも書いています笑)
課題がたくさん出たという事はまだこのチームに伸びしろがあるという事です。もちろん3戦の中で良かったプレーは随所にあり、特に1戦目、3戦目と失点を重ねてしまった後に何とか一人一人つないで点を取り、接戦まで持ち込めているのはすごく良い収穫です。
それから!!

球場に足を運んでいただいた方はお分かりかもしれませんが、今年の応援席は例年と比べて段違いに盛り上がっております!!間違いなく應援指導部の努力の賜物であり、また、ファンの方やOBの皆様にも大変大きな声で声援を送っていただき、選手の誰もが、「應援スタンドがすごくてプレーしやすい!!」と言っております。

この素晴らしい応援席を作ってくださっている方達の為にも、優勝を成し遂げなければなりません。まだ1つ勝ち点を落としただけです。前だけを向いていきましょう!

 

今週末の明治戦では、「法政戦の負けから慶應は強くなった」と感じていただけるような試合をお見せするべく、「Everything is practice」で練習に励みたいと思います!!

それでは、また!!

 

引き続き、ブログのご覧の皆様からのご意見も募集中です。→こちらから

 

(4年・内野手・前川泰佑/慶應義塾高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧