TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.10.26

~ vs WASEDA 7 ~

《東京六大学野球秋季リーグ戦》
対 早稲田大学 “華の慶早戦”
10/28(土) 13:00~ 先攻三塁側
10/29(日) 13:00~ 後攻三塁側

※連勝で優勝

S_6895797015273

 

こんにちは!藤田です。

更新が遅くなってしまいました。すみませんでした。

 

 

早慶戦に向けた応援メッセージ!

今回でついに最後になります…涙

(応援メッセージ、多くの方にご協力いただき、ありがとうございました涙)

トリを取るのは、もちろん、この人たち!

應援指導部リーダー部の皆さんです!

 

1、あなたにとって塾野球部とは?

2、4年間で1番印象に残っていること

3、1番喜びを感じるときは?

4、自分たちだからこそ感じている難しさ

5、早慶戦で優勝した瞬間をイメージしたとき、自分はどんな状態になっていると思う?

6、個人的に注目している、頑張ってほしい選手

7、野球部にむけての応援メッセージ

をお願いしました!

 

リーダー部1

<リーダー部>

 

<あなたにとって塾野球部とは?>

他のスポーツ・武道と同じく「なんとしてでも勝たせたい!」と思うチームです。

私達を全力にしてくれる存在です。

リーダー部2

 

<4年間で1番印象に残っていること>

1年生の春に優勝したことです。

パレードの先頭を、提灯を持ちながら歩かせていただいたのですが、マンションのベランダから「おめでとう」と言われたことが印象に残っています。当時の4年生から「この景色、絶対忘れるなよ」と言われ、もう一度この景色を味わいたいと強く思い、辛い下級生時代を乗り越えることができました。

リーダー部3

 

<1番喜びを感じるときは?>

得点が入って、肩を組んで若き血を歌っている時です。応援席全体で喜びを共有できて、日常の嫌なことがすべて吹き飛びます。

リーダー部4

 

<自分たちだからこそ感じている難しさ>

「空気」を読んだ上で「空気」を変えることです。

勝負には負けそうな空気が付き物です。当然、私もこれまでその場面に何度も立ち会いました。空気を変えることだけに気を取られ、“KY”なことをしてしまった苦い経験もあります。しかし、それでもやはり空気を読むだけでは埋もれてしまうと感じます。その時の雰囲気をいかに客観的に感じて、いかに打破していくか、常に試行錯誤を繰り返しています。

 

<優勝の瞬間、あなたは?>

大学4年間で1番笑っていると思います。

春はあと一歩のところで優勝を逃してしまいました。その悔しさがあるからこそ、その喜びは何倍にも膨れ上がるはずです。

リーダー部5

 

<注目選手>

清水翔太選手(4年・内野手/桐蔭学園高校出身)

その打率を見れば明らかですが(現在.488で首位打者)、打って欲しい時に打ってくれる安心感があります。

春の慶早戦では満塁ホームランを打ってくれましたが、秋の慶早戦でも応援席を沸かせるプレーをしてくれると期待しています!

 

<応援メッセージ>

当たり前のことですが、打倒早稲田を果たした先に優勝があります。

優勝という言葉に惑わされず、打倒早稲田という原点を大切にして私達も応援します!

 

(文責 慶應義塾大学應援指導部 リーダー部 4年 主務 梅田優太郎)

 

 

リーダー部の皆さん、ありがとうございました!

そして、いつも素晴らしい応援をありがとうございます!

 

塾スタンドの精神的支柱であり…

誰よりもアツく、誰よりも選手を信じ、誰よりもバカになれる…

イケイケの展開では、流れをさらに後押しし…

苦しい展開になっても、ユーモアで雰囲気を一変させ…

世界で1番慶應義塾に誇りを持ち…

世界で1番勝たせたいと思っている…

これほど頼もしい漢たち、他にいません!!

 

一昨日も昨日も申し上げましたが…

彼らリーダー部にとっても、早慶戦は、東京六大学野球の卒業の場となります。

だからこそ、早慶戦には多くの方にお越しいただき、宿敵・早稲田を前に、学生スポーツNo.1かつ2017年度No.1、最高にして、最強の応援席を作り上げ、彼らの卒業にぜひとも華を添えていただきたいです!

 

ぜひ神宮球場へお越しください!

 

午後は4年生対談です。

引き続き、ぜひご覧ください!

 

ご意見、ご要望はこちらよりお待ちしております。

 

 

(4年・捕手・藤田健吾/慶應義塾高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧