TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.11.24

新幹部挨拶 主務・小林由佳

こんにちは。

本年度主務を務めます、新4年マネージャーの小林由佳と申します。

はじめに、日頃より沢山のご支援ご声援を賜り誠にありがとうございます。今秋、優勝を成し遂げることができたのも皆様のご尽力あってのことだと思っております。心より御礼申し上げます。

11月も終盤に入り新チームが始まって10日が経とうとしています。Aチームは明日開催される全早慶野球戦沖縄大会へ向けて練習に励んでおります。

沖縄は前主将照屋の出身地でもあるので、その地で新旧2人の勇姿を見られるのは今回が最初で最後です!

TEAM河合初の対外試合ですが、勝利を収められるよう戦ってまいりますのでお近くにお住いの方は是非足をお運び下さい。

 

さて、ここから少しだけ私自身の決意と思いを綴らせていただきます。

私には同期のマネージャーがいません。
というのも1年の春、3年の春と同期の男子マネージャーが退部してしまい最終的に残ったのが私だけとなりました。

歴代の先輩方の中にも女子マネージャーのみの代があったことは伺っていたのですが、その場合は一個下の代の男子マネージャーが主務を務めていましたし、女性主務は前例がないことでした。ですので、今まで通りであれば後輩の男子マネージャーが主務を務めることになっていたと思います。

しかし今年の春季リーグ戦の途中に監督から「小林を来年の主務候補にしようと考えている」というお言葉をいただきました。90年以上の歴史ある東京六大学野球で史上初ということはそれだけの伝統と責任を背負うことになります。しかしその重責を果たせるチャンスがあるのであれば、全力で取り組み自分の成長に賭けようと思い決断致しました。

主務になることが決まった時、「置かれた場所で咲きなさい」という言葉を母に言われました。
私は特段何か技術があるわけでも抜群に仕事ができるわけではありません。でも与えられた場所で期待された以上のことをやることが、チームにとっていい方向へと繋がると思っています。

常に周りへの感謝の心と謙虚さを持ち、そして最高の仲間とともに大久保監督を日本一にすべく、この一年間視野を広く持って笑顔を忘れずチームを支えてまいります。

 

最後になりますが本年度も温かいご声援の程、何卒宜しくお願い致します。

 

主務・小林由佳

 

 

(新4年・主務・小林由佳/慶應女子高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧