TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.11.23

新チーム挨拶 学生スタッフ・後藤裕一郎、元木悠生、藤井慶太

 

こんにちは。

新チームの学生スタッフを務めさせていただきます、後藤裕一郎です。

日頃より塾野球部への温かいご支援、及びご声援、誠にありがとうございます。

前年度は、春は2連覇を達成、秋は3連覇まであとアウト1つ足りず結果的に3位という成績に終わり嬉しさと悔しさのどちらも経験した1年間でした。

今年度は、前年度のチーム力に磨きをかけ、さらに “タフさ” という新たなテーマを掲げ技術的にも精神的にも “タフ” なチームを作っていきます。

最後のアウト1つを取りきれなかった、あと1試合を勝ちきれなかった早慶戦第3戦。グラウンドでプレーしていた選手のほとんどは3年生以下で、あともう少しのところで力尽きました。あと1歩、あと1球、あと1イニング頑張れるチームを作り、昨年達成することが出来なかった早稲田大学に勝って完全優勝するという目標を必ず達成します。

今後とも応援の程宜しくお願いします。

 

−−−––−–

 

こんにちは。
新チームの学生スタッフを務めさせていただきます、元木悠生です。

平素より塾野球部へのご声援、誠にありがとうございます。

前年度は、春季リーグでは優勝し、秋春連覇を達成しましたが、全日本大学選手権大会では準決勝敗退、そして秋季リーグでは優勝のかかった早慶戦で敗戦し、3位という結果に終わりました。

特に、春秋どちらも勝ち点4で迎えた早慶戦を落としてしまったことがとても悔しく、1点の重み、アウトを1つ取ることの難しさを痛感しました。

新チームでは、今までの良い行いを継続しつつ、さらにチームとしても、個人としても向上し、「負けない野球」をする粘り強いチームを作っていきます。

チーム目標である「リーグ戦優勝」、「日本一」、「早稲田に勝つ」を達成すべく、日々精進してまいりますので、本年度も温かいご声援の程、宜しくお願いいたします。

 

−−−––−–

 

こんにちは。

新チームの投手学生スタッフを務めさせていただきます、藤井慶太です。

秋の慶早戦第3戦、あの日の敗戦で投手陣は、1球で全てが変わる、終わる恐ろしさを改めて強く学びました。あと1球でもどこかで他の投手が投げていれば優勝出来たかもしれない、それが結果論だとしても、他に投げられる投手がいなかった投手陣としての責任は大きいと思います。

 

今年の投手陣は、去年よりさらに1球の重みを意識しながら練習をすることを大前提に、体力作りや技術の向上をしていきます。こうして強力な新戦力や怪我人の復帰によって新しい投手陣となり、必ずまた優勝が決まる場面まで戻ってきます。そして早稲田大学に勝って優勝する、その気持ちが日本一にも繋がって来るはずです。

 

最後に、優勝を逃した後、SNSで多くのOBや塾野球部ファンの方々が部員を励ます投稿をして下さり、また私にもメッセージを下さり本当にありがとうございました。それが野球部にとって再出発を果たす励みになったことは間違いありません。

今後とも塾野球部への温かいご声援、何卒よろしくお願い致します。

 

学生スタッフ
左から藤井後藤元木

 

(新4年・学生スタッフ・後藤裕一郎/慶應義塾高校出身)

(新4年・学生スタッフ・元木悠生/慶應湘南藤沢高校出身)

(新4年・学生スタッフ・藤井慶太/慶應義塾高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧