TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.04.05

祝🌸入学

 

こんばんは!

新4年マネージャーの青山です。

 

先週末の寒さも和らぎ、下田グラウンドの桜も満開に近づいてようやく春らしさを感じられるようになりました。

 

下田グラウンドの桜

 

先日、新元号が発表され、「令和」の話題で溢れかえっていますね。

新時代の幕開け、ということで今季のリーグ戦は「令和初の王者」を競い合う、熾烈な戦いになるのではないでしょうか。

 

さて、4月1日、慶應義塾大学では入学式が行われました。

 

新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!

 

野球部には総勢24人の1年生が入部し、全体で151人となりました。

1年春からリーグ戦に出場する可能性がある選手も入部し、下田グランドは活気に満ち溢れています。

 

晴れて塾生の一員となった1年生から、コメントをもらったので、紹介したいと思います!!

 

 集合写真

増居 翔太(投手/彦根東高校)

「昨年の今頃、慶應義塾高校と対戦してから早くも一年が経ちました。まさか慶應のユニフォームに袖を通せるとは思いもしませんでしたが、これからは慶應野球部の一員として、チームに貢献できるよう頑張っていきたいと思います!」

 

小林 綾(投手/松本深志)

「2月から野球部の練習に参加していましたが入学式に出たことで慶應義塾大学の一員になれたことをあらためて実感しました。
高校では進学校として文武両道を目標にやってましたが慶應大学野球部ではさらに高いレベルで文武両道を達成するために神宮で活躍することを目標に頑張っていきます。」

 

山本 晃大(外野手/浦和学院)

「チームに合流してまだ2ヶ月ですが、本当に良い部活だなぁと実感する毎日です。浪人をした僕は、このチームで野球ができることに対する感謝を人一倍感じることができると思います。この気持ちを忘れることなく4年間、野球に勉学に勤しんでいきます。」

 

萩尾 匡也(外野手/文徳)

「小さい頃から憧れていた神宮の舞台で活躍するために日々練習に取り組んでいます。先輩方の技術、練習の取り組み方にとても驚きました。僕は熊本から来て、たくさんの不安もありますが、リーグ優勝に貢献できるように頑張ります!」

 

 

先輩たちに負けじと、フレッシュさ全開の活躍を期待したいと思います!

温かいご声援をお願いいたします!

 

 

(4年・マネージャー・青山ユキ/慶應女子高校出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧