TOKYOROCKS 東京六大学野球

慶應義塾大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.05.17

〜vs MEIJI〜

【対 明治大学戦】

《春季リーグ戦》
5/18(土) 13:00試合開始予定 後攻一塁側
5/19(日) 10:30試合開始 先攻三塁側

2019春明治

こんにちは!

4年投手の西山です。

 

先々週、東京大学に連勝していよいよリーグ戦も佳境を迎えて参りました。

そして今週末は現在同率1位で並ぶ明治大学との首位決戦です!令和初の優勝校となるためには絶対に勝ち点を落とせない大事なカードになります。

勝ち点を取れば自力優勝への望みをつなぐことができるこの第6週。熾烈な戦いが繰り広げられるのではないかと予想されます。

 

さて今回は、こちらの3人にインタビューしました!

 

植田響
<対法大2回戦で代打で出場し、期待に応える安打を放った植田響介

―明大2年に弟(理久都選手)がいますが、兄弟仲はいいですか

いいです。(笑)小学校時代は僕がピッチャーをしていて、兄弟でバッテリーを組んでいました。

―理久都選手の尊敬している点とここだけは負けたくない点を教えてください

尊敬している点は、人付き合いがうまいところです。兄弟で比べられることが多いので、野球だけは負けたくないです。

―昨日誕生日を迎えて21歳になりましたね。下級生時代から何か変わったことはありますか

自分で言うのも変ですが、上級生になって大人になったな、と感じます。野球を第一に考えられるようになったのが一番成長した点だと思います。

木澤、瀬戸西、植田響、佐藤、嶋田
<3年生で誕生日を祝った際の集合写真>
左から木澤瀬戸西、植田響、佐藤嶋田

―明治戦の抱負をお願いします!

勝ち点4で早慶戦を迎えるために、何としても勝ち点を取りたいと思います。個人的には代打で出ることが多いので、弟にしっかり見せつけるように1本打ちたいと思います!

 

若林
<対東大2回戦でリーグ戦初となるスタメン出場を果たした若林

―明治大学には、履正社高校でチームメイトだった竹田投手が在籍していますが、何か意識はしていますか

高校卒業してからも何回かプライベートで食事とかに行って、野球部の話をします。竹田は慶應のチームの雰囲気が良いとか言ってくれるので、嫉妬されているみたいです。(笑)慶應は良いぞっていうところをもっと見せられたらいいなと思います。

―高校時代のエピソードなどあれば教えてください

竹田とは家が近かったので、日曜日はよく自分の親の車で一緒に帰っていました。まるで自分の家の車に乗っているような態度をとっていました(笑)

東京六大学には履正社高校出身の選手が多数いますが、慶大野球部では史上初。1年間やってみて、どうでしたか

竹田や片山(立教大学)から他大学の話を聞いていましたが、慶大野球部の一生懸命さやきっちりとしている点はとても学生野球らしいなと感じます。

―明治戦の抱負をお願いします!

自分は代打の出場だと思うので、優勝に近づけるような活躍をしたいと思います!

 

柳町
<対東大2回戦までで通算安打数99本と、3桁安打に王手をかけた柳町

―東京六大学野球連盟のSNS(詳しくはこちら)で明大・伊勢投手とのやりとりが見られましたが、仲が良いのですか

仲良いです。昨年、FISU世界大学野球選手権大会で一緒になって、一緒にタピオカを飲みました。(笑)

―伊勢投手は豪速球が持ち味ですが、打ち崩すイメージはできていますか

なかなか大変だとは思いますが、打ちたいので頑張ります。

―通算安打数100本に王手をかけました。打席に立つ時など意識はしていますか

多少は意識していますが、試合に入ったら100安打のことは忘れて打席に集中したいと思います。

―副将として迎えるリーグ戦、今までとの違いはありますか

結果を出すことが今までよりも求められていると感じます。

―明治戦の抱負をお願いします!

優勝に向けて大事なカードなので、絶対に勝ち点を取りたいと思います!

 

3人ともありがとうございました!

 

明治大学との試合では、このカード限定の「孔明」という銅鑼(どら)を使った応援歌があります。

一昔前、明治が強くてなかなか勝ち点を奪う事ができなかった頃、なんとしても勝ちたいという思いから部員たちで対明治用の応援歌を作ってそれを「抗明」と名付けたとか…

それが後に「孔明」となって今でも引き継がれ、明治戦といえばこの応援歌!というほどになったそうです。(諸説ありますが…)

「孔明」は部員からもコアな支持を集めており、「あの銅鑼が鳴り響く音でテンションがあがる! 」「明治戦の応援が楽しみだ! 」という人もたくさんいます。

 

唯一この週末にしか聞けない「孔明」を聞きに、神宮へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

リーグ戦も終盤に差し掛かってきましたが、部員からは疲れなど感じられず、逆に熱気が増しているようです。

ここで慶應らしい野球を貫き通して、天王山を制することができるよう、部員一丸となって戦ってまいります!

 

杉本、石井、小原、髙橋佑、津留﨑
<毎シーズン恒例、meijiに喰らいつく選手たち>
左から杉本石井小原髙橋佑津留﨑

 

温かいご声援をお願いいたします!

 

 

(4年・投手・西山健太/慶應NY学院出身)

東京六大学野球ブログリーグ一覧