BIG6 BLOG LEAGUE

慶應義塾大学
野球部ブログ

主将 下山 悠介
  • TOP
  • 新幹部挨拶 学生スタッフ・五十嵐孝起、松永幸哉、田中陸、荒井悠希

新幹部挨拶 学生スタッフ・五十嵐孝起、松永幸哉、田中陸、荒井悠希

こんにちは。
新チームのチーフスタッフを務めさせていただきます、五十嵐孝起です。まず初めに、日頃より塾野球部への温かいご支援及びご声援、誠にありがとうございます。
私は今年のチームは“挑戦者”であり続ける必要があると考えています。昨年のチームはリーグ戦優勝2回、日本一1回を成し遂げ間違いなく強い慶應を作り上げてくださったと思います。
しかし、新チームの選手がそのイメージを持ってはならないと思います。なぜなら代が変われば全く別のチームになるのが学生野球の特徴だからです。一人一人が危機感を持たなくなったら終わりだということを胸に刻んでこれからの一年を過ごしたいと考えています。
また、慶應の強みは、自分たちの力の無さ、弱さを一人一人が認識しているからこそひたむきに練習を行い、技術だけでなく、人間的な部分に目をやり、総合的なチーム力で他のチームを上回ることです。
そのためにも“挑戦者”であり続けることが鍵になると考えています。
細部にこだわり、0から積み重ねていった先に、昨年のチームが成し遂げられなかった早稲田に勝利、大学四冠という結果がついてくると信じています。
引き続き、ご声援の程よろしくお願いします。

(新4年・学生スタッフ・五十嵐孝起/慶應湘南藤沢高校出身)

 

こんにちは。
新チームのサブチーフスタッフを務めさせていただきます、松永幸哉です。日頃より塾野球部への温かいご支援ご声援、誠にありがとうございます。
さて、新チームが発足し、我々新4年生にとっては学生野球最後の1年となりました。私はこの1年をチームや学生野球への恩返しの気持ちで過ごしたいと考えております。日本学生野球憲章の一節に、学生野球は「幸運にも驕らず悲運にも屈せぬ明朗強靭な情意を涵養する事、いかなる艱難をも凌ぎうる強靭な身体を鍛練する事」とあります。コロナ禍という困難の中、幸運にも大好きな野球を全力で取り組める環境であることに感謝し、わが身を鍛錬するとともに、常に模範として学生野球を先導する覚悟であります。
先輩方はリーグ3連覇への挑戦権を残してくださいました。また年間4冠への道筋を示してくださいました。優勝する喜び、優勝を逃す悔しさ、どちらも経験できたことは今後の我々にとって大きな糧となるに違いありません。
実力拮抗の東京六大学リーグで我々が勝ち抜くため、何気ない日常の一挙一動の極限までをこだわり、変化を恐れず、部員一同まさに「自我作古」の精神で励んでまいります。
今後とも弊部への温かいご支援ご声援のほど宜しくお願いいたします。

(新4年・学生スタッフ・松永幸哉/新潟高校出身)

 

こんにちは。
新チームの投手チーフスタッフを務めさせていただきます、田中陸と申します。
私が入部してからの3年間、塾野球部は毎シーズン優勝争いに加わり、3度のリーグ戦優勝と2度の日本一という素晴らしい成績を残してきました。しかし、「リーグ戦優勝」「日本一」という目標を達成しても「早稲田に勝つ」という目標が達成できていないことも事実です。偉大な先輩方が成し遂げられなかった「早稲田に勝つ」という慶應義塾野球部としての使命を、私たちは必ず果たします。
投手陣に目を向けますと、やはり大幅なレベルアップが求められ、特に新戦力の台頭は不可欠です。私自身、選手と共に全身全霊で練習に取り組む所存です。100名を超える「家族」と共に、「本氣」で野球に向き合い、どんな時も「繋いで勝ち」、塾野球部の歴史に新たな1ページを刻めるよう部員一同励んで参ります。
引き続き、ご声援よろしくお願いいたします。

(新4年・学生スタッフ・田中陸/攻玉社高校出身)

 

こんにちは。
新チームの新人チーフスタッフを務めさせていただきます、荒井悠希です。
私が新人チーフスタッフとして成し遂げたいことは、福井主将をはじめとする先輩方が築き上げてくださった、試合に出る出ないに関わらずチーム全員がチームの勝利に向かって全力を注ぎ、チームの勝利を心から願えるチームを作ることです。四冠にはあと一歩で届かなかったものの、最後の試合でチーム全員が一喜一憂できたことは、先輩方のチームに対する熱意や人を思いやる心があったからだと考えています。部員全員が喜べるチームにするために誠心誠意努めて参ります。
もう一つ塾新人チーフスタッフとして成し遂げねばならないことがあります。それはフレッシュトーナメント優勝です。ここ2年間は悔しい結果に終わってしまっています。フレッシュトーナメントでプレーした選手が、来年、再来年にチームの中心選手としてプレーしていくことがほとんどです。継続して強いチームにするためには、フレッシュメンバーの台頭が鍵になると考えます。未来の塾野球部のためにも、フレッシュトーナメントにも全力を注ぎ、勝てる組織作りに望む所存であります。
最後に、平素より塾野球部へのご支援ご声援、心より感謝申し上げます。弊部が何不自由なく活動できているのも、皆様のご支援のお陰です。先輩方のような素晴らしいチームを作り、スタンド全体で喜びを分かち合えるように、部員一同より一層精進して参りますので、今後とも何卒ご声援のほどよろしくお願い致します。

(新4年・学生スタッフ・荒井悠希/山形南高校出身)