BIG6 BLOG LEAGUE

慶應義塾大学
野球部ブログ

主将 廣瀬 隆太
  • TOP
  • 新入部員紹介!その33<宮原慶太郎>

新入部員紹介!その33<宮原慶太郎>

はじめまして。
商学部1年の宮原慶太郎です。
慶應義塾高校出身で、ポジションは内野手です。

僕は、小さい時からよく両親とキャッチボールをしていました。その影響で、気づいた時には野球を始めていました。家族全員野球が好きなためその他のスポーツをするということはありませんでした。野球を始めてからの11年間ずっと野球が大好きです。大好きな野球を大切な仲間とすることがとても大好きです。

慶應義塾大学を目指すきっかけとなったのは、中学2年生の時慶應義塾高校が甲子園に出場したことで慶應のユニフォームに憧れその翌年の早慶戦での郡司さんのホームランを見て慶應大学の野球に憧れを抱いたことです。それ以降他の何よりも神宮で戦う慶應のプレーヤーに、慶應というチームに憧れを抱いてきました。慶應の野球や独立自尊・気品の泉源・智徳の模範といったことを1つひとつ考えさせられるこの野球部に魅力を感じました。そして、このチームを日本一に導ける人間になり日本一の集団を活かせる主将になると心の底から思えたため入部しました。

僕のアピールポイントは、広角な打撃です。特に右方向の打球には自信があります。きついカウントから広くストライクゾーンを持って右方向に強い打球を出すことができます。この4年間もっともっと精度を上げて神宮で右に左にアーチを描ける打者になります。

宮原慶太郎

僕が幸せを感じる瞬間は、毎日仲間と野球をしている時です。コロナの影響により100%完全な状態で野球をすることが難しかった高校3年間、首脳陣の方々やサポートしてくれる仲間が支えてくれる環境の中で、選手として戦う仲間と当たり前に野球ができることがどれだけ幸せかを痛感しました。そのため、大学に入り毎日慶應を日本一にするという同じ志を持った仲間と大好きな野球をしている瞬間が本当に幸せです。

選手、マネージャー、アナリスト、トレーナーなど役職を問わず、こんな幸せを与えてくれる仲間と必ず慶應義塾大学野球部を日本一にします。

そして、慶應を日本一にできる主将になり、皆にありがとうと伝えたいです。

(1年・内野手・宮原慶太郎/慶應義塾高校出身)