BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • ラストシーズンに向けて☆上林真也☆

ラストシーズンに向けて☆上林真也☆

学生コーチ・上林真也(八尾)

 

上林

 

 

4年間を振り返って、

選手として「もっとこうやればよかったなー」とか、

学生コーチとして「こうしてれば選手にとってよかったなー」

なんて思うことはよくあります。

 

しかし、後悔はまったくしていません。

 

それはその一瞬一瞬でそのときの自分のできることを

精一杯できたと思っているからです。

 

 

大阪出身の僕が、

東京の明治大学の野球部を選んだのには理由があります。

 

それは高校生の時から憧れだった

坂本誠志郎さんが明治で野球をやっていたからです。

 

高校に入学して最初の春の府大会で、

たまたま僕の高校の後の試合が履正社の試合で、

その時に見た誠志郎さんのプレーやその雰囲気を見て、

「なんだこの人」っていう衝撃を受けたことは今でも覚えていて、

こんな選手になりたいと勝手な憧れをずーっと持ち続けていました。

 

そんな誠志郎さんへの憧れだけで入学をしましたが、

入部してから今まで1人ひとりの選手のレベルの高さであったり、

そして寮生活の厳しさであったり、初めての集団での生活であったり、

様々な環境が僕を成長させてくれました。

 

その環境が、

もちろん誠志郎さんの足元にも及びませんでしたが

野球の成長ができ、

そしてなにより人間としての成長をさせてくれたと思います。

 

 

そんな成長が出来たのは環境だけでなく、

同級生がいたからだと思います。

 

同級生から野球を教えてもらったり、

時には色んなことで怒られたりしました…。

 

今まで何回も迷惑をかけたし、

「ウザいなー」って思わせたことは迷惑かけたこと以上に

多かったとは思いますが、

僕はこの仲間たちと野球をし、

一緒に生活することが出来たことは

かけがえのないものだと思っていますし、

とても感謝したいと思います。

 

 

最後のシーズンとなり、

応援して、支えてくれた両親や兄弟、多くの方たちに

神宮でプレーをして恩返しをすることは出来ませんが、

学生コーチとして入学して以来達成していない日本一を達成して、

引退したときにもう一度「後悔がなかった」って自分で振り返って、

報告できるように全力で駆け抜けていきたいと思います!!