TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.05.30

閉会式、フレッシュリーグ vs法政大

 

みなさん、こんばんは!

2年マネージャーの逆瀬川です。

昨日、平成29年度春季リーグ戦の全日程が終了し

閉会式が行われました。

そして、本日からは残りのフレッシュリーグの試合が三日連続で行われます。

試合を振り返る前に、閉会式の様子を少しだけお届けします(*^^*)

今季は、立教大学の優勝という結果となり

3季連続の優勝を目指していた我々にとっては

とても悔しい結果になりましたが、秋こそは

応援して下さる皆様と最高の瞬間をまた分かち合いたいです!!

それでは、本日行われたフレッシュリーグ vs法政大学戦を

振り返っていきましょう(^O^)

ベンチ入りメンバー

スターティングメンバー

先発は、2年・長江(帯広緑陽)

1回の裏、2年・内山(静岡)の捉えた打球は左中間を破り

内山は二塁へ!

続くバッターの2年・喜多(広センターへのタイムリーヒット

一気に内山がホームへ生還し、1-0

守備では、ランナーを背負いながらもしっかりと守り

相手チームに得点を与えません。

再び試合が動いたのは、7回の裏の明治の攻撃でした!

先頭打者は代打の1年・公家(横浜)

レフトへのツーベースヒットを放ちます!

1年生、神宮初出場とは思えない堂々としたスイングでした(^^)

余談ですが、この時の相手ピッチャーは横浜高校の同期・石川!

今回の横浜高校対決は、どうやら公家が制したようです。

ここで、公家に代わって代走に1年・渡邉(広陵)

次のバッターの2年・今村健(鹿児島中央)バントに成功、

渡邉は3塁へ進塁。

しかし、惜しくも得点にはならず!!!

ですが、明治の攻撃はこのままでは終わりません。

8回の裏、主将の2年・北本(二松学舎大附)レフト前ヒットで出塁!

2年・清水頌(春日部共栄)バントで送ります。

迎えたバッターは初回にツーベースヒットを打った内山

今度は、レフト線を抜けるタイムリーヒッ

北本ホームイン

2-0とリードを広げて、この回を終えます。

9回の表、1点を失いますが、最後のバッターを

センターフライに抑えてゲームセット!

2-1で勝利しました!

「若き血に勇める猛気精鋭」たちの「狙い撃ち」や粘り強さが

勝利へ「継なぐ」ことができた試合でした。

明日の試合は、vs立教大学

3塁側 11時試合開始 です。

平日でお忙しいとは思いますが、

ぜひ、熱いご声援の程、よろしくお願いします!

それでは本日はこの辺で失礼します(@^^)/~~

東京六大学野球ブログリーグ一覧