TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2017.09.10

vs早稲田大 2回戦

みなさん!こんにちは!

4年マネージャーの高見澤です!

 

本日は早稲田大との2回戦を行いました。

絶対に勝利し勝ち点を取りたい明治

結果はいかに!?

 

早速振り返って行きましょう。

 

☆本日のベンチ入りメンバーはこちら☆

{F2FB2F8E-B043-4031-A0F3-1B14C2180A27}

 

明治の先発は

2年・森下暢(大分商)

 

先日行われたユニバーシアード競技大会で、

世界一に大きく貢献した右腕がマウンドに上がります。

{1AEB42E2-1AF6-4883-86A2-7273269475B1}

しかし、味方のエラーもあり初回と2回に失点し

0-5と早稲田にリードを許してしまいます。

 

 

3回からは、

春のフレッシュリーグで好投を見せた

2年・長江(帯広緑陽)が登板します。

{82AA523E-A8B0-494B-9183-467363395D8C}

そのままこの回を無失点に抑えます。

 

 

反撃したい明治は、3回の裏

先頭の4年・竹村(浦和学院)四球で出塁すると、

{251E9597-A9D2-4CA2-85A0-92E85EE31772}

4年・河野(鳴門)レフト前ヒットで続き、

{DEC63952-9DB0-4A2C-BCE1-37BAB50E6A4B}

2アウト一二塁となったところでバッターは

5番 3年・越智(丹原)

センターオーバーのタイムリーツーベースを放ちます。

{B37EAB78-6328-45EA-B051-314627284157}

竹村

{E4A11B73-449F-494C-B07C-3E0DC1D67871}

河野が生還し、

{CC8ED014-1C66-4B55-BA3F-4EABE2280187}

2ー5とします。

 

 

しかし、4回に長江が失点し、

早稲田2ー8と大きくリードを許してしまいます。

 

 

そして5回からは3年・高橋(向上)が登板します。

{523334B8-8794-42A1-8B6E-AAE12CEDDCC1}

この回は無失点に抑えますが、

続く6、7回と失点し2-10とさらにリードを広げられてしまいます。

 

反撃したい明治は7回の裏

先頭の代打3年・山本(愛工大名電)

センター前ヒットで出塁し、

{FFB0D82C-8C6E-4584-90FA-F3B4FD9A6549}

ゴロの間に進塁します。

 

そして、2アウト二塁としところで、

3年・渡辺(横浜)

センターへのタイムリーヒットを打ちます。

{DD725491-7C1B-4A70-B810-ACCE59116C4E}

 

続く3年・逢澤(関西)四球で出塁し、

{083D81F3-42CE-4423-8AC2-8A864BF218BC}

2アウト一二塁でバッターは越智

 

打球はスタンドに吸い込まれるように伸び、

{CBC81E58-E389-4F48-86CF-317708B420FE}
{8EB849EC-4A3A-4982-B842-518DBBF6128B}

レフトへスタンドへの3ランホームランとなります。

 

渡辺逢澤越智が還り、6ー10

一気に反撃へと近づきます。

{5DAF6AC1-AA1B-4617-A638-F19E970B99ED}
{B4415128-3A3F-4116-80CD-ED470E2C74C3}
{D8FB325B-94BF-43A0-B1F8-81988484A7C7}

明治の今季初ホームランは

明スポのインタビューでもホームランを5本打つと語ってくれた越智が打ちました^_^

 

明大スポーツ新聞部の開幕前インタビューはこちら

 

 

8回からは1年・入江(作新学院)がマウンドに上がり、この回を無失点に抑えます。

{F6C97B6A-0998-49BE-9F0D-C41CAC33516B}

 

そして、明治はその裏、

先頭の代打4年・宮﨑(履正社)四球で出塁します。

{0152B7F5-301E-44BF-936D-A092F77FA485}

代走3年・高瀬(長崎西)

{B57FE8F3-ABF6-4546-820F-1F54DE308F84}

すると2アウトから竹村四球で続き、

一二塁としたところで、バッターは河野

{79C9C478-DE90-40B1-9997-C1780C5A9FCC}

ライトへのタイムリーヒットを打ちます。

 

宮崎が還り、7ー10

逆転に近づきます。

 

しかし、リリーフの入江が9回に3点を失い、

7-13となります。

 

 

 

何としても得点したい明治は最終回

先頭の逢澤ライトへのヒットで出塁します。

{FFA6BB31-2BA6-45B5-A49C-F36CF9071BF4}

その後併殺崩れとゴロでランナーが進塁し、

2アウト二塁でバッターは途中出場の

3年・高瀬(長崎西)

{FE1DAB90-A4AE-475B-8D8E-09A91D294205}


右中間を破るタイムリーツーベースを打ちます。

 

 

しかし、反撃続かず8ー13で破れてしまいました。両チーム合わせて26安打3時間半を越える乱打戦を制することはできませんでした。

 

課題の多い試合となってしまいましたが、

本日の打線の勢いはそのままに明日は相手に打ち勝って勝利したいと思います。

 

 

明日の試合は

対 早稲田大学 3回戦 三塁側先攻 13時試合開始です。

 

明日も気温が高くなることが予想されますが、
ぜひ神宮からの応援をお待ちして居ります。
熱中症にはお気をつけください(><;)

 

それでは、本日はこの辺で失礼いたしますm(__)m

東京六大学野球ブログリーグ一覧