BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • vs 慶應義塾大 2回戦

vs 慶應義塾大 2回戦

みなさん、こんばんは!

1年マネージャーの中嶋です(*^-^*)

 

久々の登場となってしまいましたが、昨日の小栗に引き続き、

本日は私がリーグ戦レポートデビューさせていただきます。

よろしくお願いします!

 

 

さて、本日はとの2回戦でした。

王座奪回のためにも負けられない一戦です。

それでは試合を振り返っていきましょう!

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

1回の表、

先頭バッターの4年・竹村(浦和学院)ヒットで出塁します。

 

続く2番、4年・宮﨑(履正社)送りバントを決め、1アウト2塁とします。

しかし後続が断たれ先制ならず…

 

 

その後、慶應義塾大の先発・佐藤投手の好投に阻まれ、

7回までヒット1本、12三振と打線が沈黙…

 

 

守っては、

4年・水野(静岡)が先発のマウンドへあがります。

 

初回からヒットや死球で毎回ランナーを背負いますが、

無失点で切り抜けます。

 

4回、水野が二塁打、死球でノーアウト1、2塁のピンチを招いたところで

1年・石毛(健大高崎)に交代。

 

石毛も死球で満塁のピンチとなりますが、

内野ゴロに打ち取り、無失点でこの回を終えます。

 

5回からは、

3年・髙橋(向上)がマウンドへあがります。

 

しかし、代わって一人目の慶應義塾大の4番・岩見選手に

東京六大学野球史上初の5試合連続となるソロホームランを浴び、

0-1と先制を許します。

 

6回にも1点を追加され、2アウト1、3塁のピンチとなったところで髙橋は降板。

1年・入江(作新学院)がマウンドへ。

 

入江はこの回、サードゴロでピンチを切り抜けると、

続く7回は圧巻の三者連続三振!!

打線の奮起を待ちます。

 

そして入江の好投に応えるかのように打線は8回、

2アウトからリーグ戦初打席となる代打、2年・赤木(育英)四球を選び出塁します。

 

そして5回からマスクをかぶる1年・清水風(常総学院)レフトオーバーのタイムリーツーベースヒットを放ちます!!

 

清水はこれがリーグ戦初ヒット、初打点!!

1-2として点差を1点に縮めます。

 

8回の裏は4年・齊藤(桐蔭学園)がマウンドへ。

 

先頭バッターにヒットを許すも、無失点で9回表の攻撃へつなげます。

 

9回の表、

バッターは代打、2年・添田(作新学院)

レフトへのヒットで出塁します。

 

続く3年・渡辺(横浜)送りバントを成功させ、1アウト2塁

 

勝ち越し、最低でも同点として裏の攻撃へつなげたいところ。

ここでバッターは4番、3年・逢澤(関西)

しかしライトフライに倒れランナーを進めることはできません。

 

2アウト2塁でバッターは3年・越智(丹原)

センターへ抜けるかどうかという当たりにセカンドが追いつき、

ここでランナーの添田が三塁をオーバーラン。

挟まれてしまいタッチアウトで試合終了。

 

1-2で敗れ、勝ち点をとることができませんでした。

 

最後にあともう一歩のところまで来ていただけに悔しさばかりが残ります。

 

 

また、今日は紫紺の日2日目でした。

の服を着たお客さんで埋め尽くされたスタンドは圧巻です。

 

試合前には紫紺タオルの配布抽選会を行いました。

手前から4年・田中マネ(九州学院)、2年・杉山マネ(厚木)

 

たくさんの方のご来場、ありがとうございました!

皆様の応援は本当に本当にになります!

 

 

今週は空き週のため次の試合は

10月21日(土)

対 東京大学 後攻1塁側 

13:30試合開始予定 です。

 

東大戦では両日とも、明大生限定で内野席無料招待を行います!

明大生大招待の詳細はこちら

 

ついにリーグ戦最終カードとなります。

たくさんのご声援、よろしくお願いします!

 

 

それでは本日はこの辺で失礼します(*^-^*)

 

 

 

 

 

 

前の記事
2017.10.07 vs 慶應義塾大 1回戦
次の記事
2017.10.10 明大野球部の一日