BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • フレッシュリーグ vs 早稲田大

フレッシュリーグ vs 早稲田大

みなさんこんにちは!
2年マネージャーの中嶋です(*^^*)

 

本日はフレッシュリーグの初戦・早稲田大学戦が行われました!

昨季のフレッシュトーナメントで39回目の優勝を成し遂げた明治

40回目の優勝に向け、まずは宿敵・早稲田大学との一戦です。

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

先発ピッチャーは、1年・髙橋聖(小諸商)

立ち上がり、さっそく空振り三振を奪います。

 

しかし二塁打、続くバッターにタイムリーヒット、そして犠牲フライを許し、

初回から2点を先制される苦しい展開に。

 

その後は、毎回ランナーを出すも要所を押さえ、ホームは踏ませません。

 

一方の打線は、3回まで相手投手に完璧に抑えられます。

 

4回には1年・陶山(常総学院)の、チーム初ヒットとなるツーベースヒットをきっかけに2アウト3塁、

6回には2年・清水風(常総学院)陶山常総コンビで2アウト1、3塁の好機をつくるも、

清水風

 

陶山

後が続かず、得点することができません。

 

髙橋聖は6回、先頭打者に二塁打を許したところで2年・石毛(健大高崎)に交代。

石毛はノーアウト2塁のピンチからの登板でしたが、その後の打者を3人でぴしゃり。

 

その後7回には三者連続三振を奪うなど、さすがの投球で得点を許しません。

 

そして0-2のまま迎えた9回。

 

先頭打者の陶山四球で出塁しチャンスメイク。

 

続く2年・松下(九州学院)レフトヒットを放ちます!

このボールをレフトが後ろへ逸らし、陶山はそのままホームイン!

左から、2年学生コーチ・関根(成田)、松下

 

1-2とします!

 

続くバッターは4番キャプテン2年・公家(横浜)

4回にはチャンスで凡退するなど、いいところがなかった公家

キャプテンとして、4番として意地を見せたいところ。

 

全員が祈るように見つめる中、さすがキャプテン!

同点タイムリーツーベースヒットを放ちます!

 

2-2! ついに追いつきました!

 

ノーアウト2塁でまだまだチャンスは続きます。

しかし、後続が断たれ、同点どまり。

 

最後は石毛が3人で締め、試合終了。

 

2-2で引き分けとなりました。

最終回に追いつくことはできましたが、

特にバッティングに課題の残る試合となりました。

 

次のフレッシュリーグは

5月12日(土) 7:50~

対 立教大学 1塁側

 

本日は朝早くからの試合でしたが、たくさんの応援ありがとうございました!

次戦も引き続き応援よろしくお願いします!

 

それでは、本日はこのあたりで失礼します。

 

前の記事
2018.04.28 vs 早稲田大 1回戦
次の記事
2018.04.29 vs 早稲田大 2回戦