TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.05.27

vs法政大 2回戦

みなさん、こんばんは!

4年マネージャーの上原です。

 

本日は、の明法戦イベントが行われ

めいじろうえこぴょんが球場にきてくれました☆

image

 

「勝つぞ明治!」ハチマキはゲットできましたか?

次のシーズンでも是非使ってくださいね!

 

それでは、試合の振り返りに移りましょう!

 

本日のベンチ入りメンバー

 

本日の先発は、

今季初登板にして、リーグ戦初先発を務めた2年・石毛(健大高崎)

 

緊張はなかったと語った石毛

初回は抑えて波に乗りたいところでしたが、

昨日3安打を放った向山選手のヒットと、

中山選手のフェンス直撃のタイムリーツーベスを浴び先制を許します。1-0

 

 

しかし、取られたら取り返すまで。

久々のスタメン出場となった4年・村上(松山東)ヒットで出塁

 

その後、4年・渡辺(横浜)犠打で2塁へ送り

4年・逢澤(関西)と、4年・越智(丹原)の連続ヒットにより同点に。

 

逢澤

 

越智

 

続く4年・森下智(米子東)内野ゴロの間に逆転に成功!2-1

 

 

2回表

法大の先頭バッターは、打率リーグトップを走る中村浩選手

ソロホームランを打たれまたも振り出しに。2-2

 

 

3回表から2年・入江(作新学院)がマウンドへ

入江も今季初登板でしたが、きっちり三者凡退に抑えました!

 

裏の明治の攻撃

1死から越智ヒットで出塁

 

その後2死1・3塁から、3年・北本(二松学舎大附)内野安打を放ち、3-2

 

 

このまま守り切りたい明治

5回には2死から2点を返され3-4

 

7回からは4年・髙橋裕(向上)がマウンドを託され、相手に追加点を許しません。

 

 

なんとか取り返したい明治でしたが、

三浦投手の好投により打線が繋がらずそのまま試合終了。

 

 

法大には2連敗で勝ち点を落としてしまい、

この試合をもって、明治の試合は全て終了となりました。

 

奪冠というスローガンを掲げ、リーグ優勝・日本一のために

練習を積んできましたが、またも悔しい結果となりました。

 

 

しかし、本日も優勝の可能性がなくなったにも関わらず、

たくさんのファンの皆様が応援に駆けつけてくださり

本当にありがとうございました!

 

また、雨の降る日も、苦しい試合の日も、

応援し続けてくださった応援団の皆様、

選手の熱い思いを発信し続けてくださる明大スポーツ新聞部の皆様、

いつもありがとうございます!

 

たくさんの方の応援に支えられていることを改めて実感し

来季こそ優勝の喜びを分かち合うべく、明日から気持ちを新たに練習に取り組みます!

 

 

また、フレッシュリーグも2試合ありますので

引き続き応援よろしくお願いします。

現在、2勝1分で早大と並び1位となっていますので、

優勝の可能性は十分あります!

 

1・2年生の活躍にもご注目ください!

 

 

それでは、本日はこの辺で失礼します。

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧