TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.10.10

ラストシーズンに向けて☆吉田有輝(履正社)☆

みなさん。こんにちは!

いよいよブログリレーも最後となってしまいました。

4年、主将のケツキング吉田です!

 

私は小学校5年生の夏に野球を始めました。

 

村上は甲子園に憧れてと、書いていましたが、

自分はただ親友に誘われて、なんとなく面白かったから始めました。

 

そんな理由で始めた野球が、

まさかここまで長く続けるとは、

またこんなにも人生のほとんどの時間を

占めることになるとは全く思いませんでした。

 

 

大学生活を振り返ってみると、

本当にあっという間に過ぎていってしまったなと思います。

 

何も知らず明治大学の門を叩き、

入学してから、長い歴史があり、

華がある東京六大学野球のことを知り、驚いたのをよく覚えています。

 

下級生の頃はなかなか試合にも出ることが出来ず、

同級生が活躍する姿を悔しい思いで見ていました。

 

今までの野球人生が上手くいき過ぎていて、

天狗になりかけていた自分にとって、

初めて味わう挫折のようなものでした。

 

腐りかけていた時もあったと思います。

 

しかしどんな時でも向き合い続けて、厳しい指導をし続けてくれた監督。

4年になって、監督は選手1人1人のことを

本当によく考えてくれているからこその指導であったと気づきました。

 

野球の技術はもちろん。

野球人の前に1人の人として、

成長させていただきありがとうございました!

 

最後には主将に任命していただき、

少し認められた気がして嬉しかったです。

優勝して、胴上げして、恩返しがしたかったです。

 

それが出来なかったのが大学生活唯一の後悔です。

 

 

また大学の4年間を東京で過ごしたいと言った時に、

嫌な顔1つせず行って来いと送り出してくれた両親にも、感謝しています。

 

この先の2人の人生、

今まで苦労かけた分、楽してもらえるように

今度は自分が頑張る番です。

 

本当にありがとう。

 

 

そして!

4年生のみんな!!

 

全員で坊主なったり、

文句言いながら片付けしてたり、

喧嘩したり、みんなとの思い出は数え切れないくらいある。

 

最初はこの学年でやっていけんのかな?と思ってた。

 

でも今では最高の学年やと思うし、

みんなと同じ学年で良かったと思う!!

 

みんなと毎日バカやったり、

笑ったり出来なくなると思うと、めちゃくちゃ寂しい!

 

家族のように思えるみんなに出会えて、ほんまによかった。

 

最後の最後まで頼りない主将についてきてくれて、ほんまにありがとう。

これから先の人生もずっとよろしく!

 

自分は運の良いことに

この先の人生も野球を続けることが出来ます。

 

明治で学んだ「人間力」、

明治「プライド」を持ってこれから先も頑張っていきたいと思います。

長いブログを最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧