TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.10.31

フレッシュトーナメント vs法政大学(●0-7)

みなさんこんにちは!

2年マネージャーの中嶋です。

 

 

本日はフレッシュトーナメント第2戦・法政大学戦が行われました。

優勝のためには全勝しなくてはならない明治

昨日に続き勝利をあげることはできたのでしょうか?

 

それでは試合を振り返っていきます。

 

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

先発のマウンドに上がったのは1年・米原(八王子)

 

米原は今季リーグ戦デビューし、完璧なリリーフを見せた期待のルーキーです。

 

3回まで1安打と上々の立ち上がりを見せますが4回、

先頭バッターを四球で出塁させ、

続くバッターのバントで2塁のアウトをとろうしましたが、ランナーがともにセーフに。

さらに四球でランナーを出し、続くバッターにタイムリーツーベースヒットを許します。

この際、野手のエラーも絡んで、一挙3点を先制される苦しい立ち上がりに。

 

0-3

 

 

 

5回、ヒットで出したランナーを盗塁、内野ゴロで3塁まで進められ再びピンチ。

ここでバッテリー間にミスが出て1点を追加されます。

 

0-4

 

 

 

7回から二番手として登板したのは1年・西城(東北学院)

 

昨日はリリーフとして初めて神宮のマウンドに立ち、2回を無失点に抑えました。

しかし今日は先頭バッターに安打を許すと、

続くバッターにツーランホームランを浴び、1アウトもとれず無念の降板。

 

 

続いてマウンドに上がったのは昨季のフレッシュリーグでも活躍し、

今季リーグ戦デビューも果たした1年・髙橋聖(小諸商)

先頭バッターを2ストライクまで追い込むも痛恨の死球で出塁させてしまいます。

その後バント、内野ゴロで2アウト3塁とし、最後はヒットを打たれ試合終了。

 

0-7でコールド負けを喫しました。

法政大学・鈴木投手の打たせてとるピッチングで、昨日は好調だった打線がノーヒットノーラン。

5度四球で出塁するも、相手野手の好フィールディングにも阻まれ、

1度も2塁を踏むことができませんでした。

 

 

次回のフレッシュトーナメントは、

11月2日(金)

対戦相手、試合開始時刻等は、明日ブロック戦がすべて終わってから決定するため、

決定次第、ホームページ・Twitterでお知らせします。

 

 

優勝はなくなってしまいましたが、次がいよいよ今年最後の公式戦です。

引き続きご声援のほど、よろしくお願いします。

 

 

本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧