TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2018.11.04

フレッシュトーナメント vs東京大学(○3ー2)

 

みなさんこんにちは!

1年マネージャーの小松崎です。

 

 

本日は、フレッシュトーナメント最後の試合となります、東京大学との5・6位決定戦が行われました!

 

 

それでは本日の試合を振り返っていきましょう!

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

先発は、年・髙橋聖(小諸商)

 

 

【3回表】

2年・松下(九州学院)内野安打を放ちます。

 

 

続く4番、年・公家(横浜)ライトへのツーベースヒットを放ち、二塁、三塁とします。

 

 

得点のチャンスで迎えたバッターは、年・植田(高松商)

 

センターに向けて飛んだ打球は、松下をホームに還す犠牲フライに!

 

 

1-0

 

 

【6回裏】

東大に1つのヒットも許さなかった髙橋聖に変わり、マウンドを託されたのは、年・大竹(明大中野)

 

 

二者連続の四球、エラーでこの回に2点を取られ、無念の降板。

 

 

 

続いてマウンドに上がったのは、初戦の戦でも登板した2年・中山(鳴門)

 

 

安定したピッチングでこの回を終えます。

 

 

1-2

 

 

【8回表】

この回になんとしても逆転したい明治。

先頭バッターの年・丸山(前橋育英)ライトへのヒットを放ちます!

 

 

続く年・長原(日南学園)が死球で出塁し、逆転のチャンスとなります。

 

 

後続のバッターが三振で打ち取られるも、その間に丸山、長原のダブルスチールにより、1アウト二塁、三塁となります。

 

 

迎えた逆転のチャンスで、バッターは、年・田村(佼成学園)

 

丸山、長原をホームに還す、センターへの痛烈なタイムリーヒットを放ちます!

 

 

8回裏を中山が守り切り、試合終了。

 

3-2勝利を収めました!

 

 

 

ここで、新人戦監督の4年・広野(明大中野)、新人戦主将の公家に話をうかがいました!

 

広野「明治大学野球部を応援して下さった方々、ありがとうございました。

 

1敗してしまい5位という結果に終わってしまいましたが、下級生にはこの経験や悔しさを忘れず、1人でも多くこれからのリーグ戦で活躍する選手になってほしいと思います。

 

今後とも明治大学野球部の応援をよろしくお願いします!」

 

 

公家「優勝を目標にしてやっていたので、達成できず悔しさでいっぱいです。

 

応援してくださったファンの方々に、一冬越して、強くなった姿を来年見ていただけるように努力します!

温かい応援ありがとうこざいました!」

 

 

 

 

平日にも関わらず、たくさんの熱いご声援ありがとうございました。

今後とも、フレッシュな1・2年生の活躍にご期待ください!

 

 

改めまして、本日は早朝からの応援にいらしてくださった皆様、ありがとうございました!

 

 

それでは、本日はこの辺で失礼致します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧