TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.04.21

フレッシュリーグ vs立教大学(○4-3)

みなさんこんにちは!

2年マネージャーの小松崎です。
A
本日はフレッシュリーグの初戦・立教大学戦が行われました!
A
昨春は2位、昨秋は5位となかなか優勝にたどり着けなかった雪辱を果たすべく、
そして40回目の優勝に向け、立教大学との一戦を勝利したいところ!
a
A
さて、試合を振り返る前に、本日のヒーローをご紹介致します!
a

A

2年・宮田(育英)
A
逆転のセンターオーバータイムリースリーベースヒットを放ちます!
A
「みんながしっかり繋いでくれていたので、この流れに乗って、ランナーをホームに還すことだけを考えて打席に立ちました!」
A
守備中やベンチでも積極的にチームを盛り上げる宮田
なんとも頼もしい発言で、今後の試合への期待が高まります!
A
A
それでは本日の試合の振り返りにまいります!
A
本日のベンチ入りメンバー
A
A
A
先発は、昨年のフレッシュリーグで主力投手として活躍した2年・髙橋(小諸商)
A

A

A
4回を投げ、計2得点を奪われてしまいます。
a
a
4回裏から明治の反撃が始まります!
a
a

a

嬉しい神宮初ヒットを放った1年・日置(日大三)
A
「初ヒットが出てほっとしました!これからも、もっとチームに貢献していけるよう頑張っていきます!
AA
A
日置に続けと同じく今回が初ヒットとなった、1年・長南(八戸学院光星)
A
A
「神宮球場での試合は初めてだったので、ヒットを打つことができて良かったです!チームとしても初戦を勝利することができたので、このまま全勝できるように頑張ります!」

A

A
この回に1点を返します!
A
1-2
A
A
5回のマウンドに上がったのは、2年・米原(八王子)
 

AA

A
3回を投げ、立教打線にヒットを許しません。
A
A
そして6回裏。
A
A
2年・山田智(富岡)がボーク、パスボールの間に一気に三塁へと進みます。
A
日置が四球で塁に出ると、続く3番バッター長南ツーベースヒットを放ちます!
A

A

A
そして本日のヒーロー宮田によるタイムリースリーベースヒットでこの回、一挙3得点を奪い、逆転します!
A
4-2
A
A
8回の表、マウンドに上がったのは2年・西城(東北学院)
 

A

A
この回に1点を許してしまいますが、
西城の粘りの投球で、立教の猛追を振り切りフレッシュリーグ初戦、初勝利を収めることができました!
A
A
4-3
A
 

A

A
そして今回、同じく神宮初ヒットを放った選手がもう1人います!
A
2年・大橋(沼津東)
A

A

チームの雰囲気がよかったので、その良い流れにのって打てて良かったです!
また打てるように頑張ります!
A
A
2年生の安定したピッチング、そしてフレッシュな1年生が打線で援護する、今後の試合が楽しみになる内容となりました!
A
A
次のフレッシュリーグは、
5月12日(日)  7時50分試合開始
対 東京大学  三塁側
A
A
本日は早朝からの試合にも関わらず、たくさんの方に応援に来ていただき、ありがとうございました!
次戦も引き続き熱いご声援をよろしくお願い致します!
A
A
それでは、本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧