TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.04.28

vs早稲田大学 1回戦(○7-3)

みなさん、こんばんは!

2年マネージャーの小松崎です。

 

 

先日までの暖かさとは一変して、肌寒い一日となりましたが、

神宮球場では熱い戦いが繰り広げられました!

 

 

そう、本日は宿敵・早稲田大学との初戦です!

先週の立教大学戦に続き、まずは一勝をあげたいところ!

 

 

さて、試合内容を振り返る前に、マネージャーが選ぶ今回の活躍した選手は…

 

4年・北本(二松学舎大附)

 

同点のタイムリーヒットを放った際の豪快なガッツポーズです!

 

 

それでは、本日の振り返りに参ります!

 

 

ベンチ入りメンバー

 

 

先発は、主将・森下(大分商)

 

初回に2本のヒットをあび、1点を先制されます。

 

0-1

 

 

反撃したい明治ですが、2回に森下ライトへのヒットを放って以降、打線は沈黙。

 

 

森下早稲田大学早川投手の粘りの投手戦となります。

 

 

試合が動いたのは6回裏、明治の攻撃。

 

 

先頭打者の4年・清水頌(春日部共栄)内野安打を放ち、同点のランナーとなります。

 

続くバッター4年・添田(作新学院)ライト前へのヒットを放ち、この回一気に逆転のチャンスを作ります!

 

続くバッター2年・丸山(前橋育英)のバント、4年・内山(静岡)の内野ゴロでランナー1、3塁とします。

 

打席には北本

 

センターへのタイムリーヒットを放ち同点とします!

 

1-1

 

 

続くバッター4年・喜多(広陵)ライトへの2点タイムリーツーベースヒットを放ち逆転!

 

3-1

 

 

続く7回も明治の勢いは止まりません!

 

 

先頭バッターは三振に倒れたものの、

続くバッター4年・西野(浦和学院)センターへのヒットを放ちます。

 

 

6回に内野安打を放った清水頌が2打席連続となるライトへのヒットを放ちます!

 

 

後続のバッターの内野ゴロの間にランナー2、3塁とします。

 

 

続くバッター丸山レフトオーバー痛烈な2点タイムリーツーベースヒットを放ちます。

 

5-1

 

 

さらに、振り逃げ、死球が続き、満塁となります。

 

 

打席には喜多

 

ライトへの2点タイムリーヒットを放ち、さらに2点を追加します。

 

 

喜多はこの試合4打点をあげ、チームの勝利に大きく貢献しました!

 

7-1

 

 

6点をリードして迎えた9回のマウンドに上がったのは年・入江(作新学院)

 

アウト1つを取ったところで、続くバッターに内野安打を許してしまいます。

 

ここはなんとか踏ん張りたいところですが、

続く4番バッターに、ツーランホームランをあび、無念の降板となりました。

 

7-3

 

 

入江の後を担うのは3年・石毛(健大高崎)

 

センターへのヒットを打たれ、アウトを1つも取れずに降板となります。

 

 

この回残りツーアウトを守りきれば明治の勝利。

2年・磯村(中京大中京)がマウンドへ上がります。

 

 

打者2人をしっかりと抑え、早稲田大学との初戦を勝利で収めることができました!

 

 

7-3

 

 

皆様の熱いご声援を受け、まずは一勝をあげることができました。

 

 

明日の試合

vs早稲田大学  2回戦

10時30分試合開始  先攻三塁側

 

 

明日も、是非熱いご声援をよろしくお願いします!

 

 

それでは、本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧