TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.05.12

フレッシュリーグ vs東京大学(○3-1)

みなさん、こんにちは!

2年マネージャーの千坂です(*´∀`)♪

 

心地よい春風が吹く中、

本日フレッシュリーグ2戦目・東京大学戦

行われました!

 

 

さて、まずは恒例の

マネージャーが選ぶ今回活躍した選手!

見ていきましょう。

今回はこの選手です!


1年・山田陸人(桐光学園)

 

4回の3ランホームラン

チームの勝利に大きく貢献しました!

試合後、山田陸

このまま気を引き締めて頑張りたい」

強く意気込んでいました!

 

 

それでは、さっそく試合を

振り返っていきましょう!

 

本日のベンチ入りメンバー

 

先発は2年・柳澤(明治)

先頭打者にヒットを許してしまうも、

それ以降は圧巻のピッチング。

5回を無失点で抑え試合の流れを作ります。

 

援護したい打線は4回、

2年・大橋(沼津東)が相手のエラーで出塁、

次がレフトフライで打ち取られるも、

続くバッター1年・上田(日本航空石川)

ライトへの二塁打を打ち

ワンアウト二、三塁とします。

 

このチャンスに

打席が回ってきたのは山田陸

「勝ちに繋がる一本が

打てて良かったです!と、

3ランホームラン

チームを盛り上げます。

3-0

 

6回から明治は継投策に入ります。

2年・西城(東北学院)は安定したピッチング。

相手打線にヒットを許すことなく

2回を抑えます。

 

次の2年・阿南(明大中野)も四球などで

ピンチを迎えるも粘りのピッチングで

1回を無得点で切り抜けます。

 

 

しかし、最終回を任された

2年・松元(多摩大目黒)

踏ん張りきれません。


相手のスリーベースヒットなどで

1点を返されてしまいます。

 

ピンチは続きワンアウト一、三塁、

この場面でマウンドに上がったのは

1年・渡部(千葉黎明)

 

初球で打ち取りダブルプレー、

一球で相手をねじ伏せました。

 

試合はそのまま終了し、3-1

嬉しい2勝目を挙げました。

 

 

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

 

次回のフレッシュリーグは、

6月3日(月)  13時30分試合開始予定

対 早稲田大学  三塁側

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.

 

この流れに乗り、優勝に向けて

突っ走っていきたいと思います!

 

フレッシュリーグ残り3試合、

引き続きご声援よろしくお願いします!

 

それでは本日はこの辺りで失礼いたします。

東京六大学野球ブログリーグ一覧