TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.06.07

フレッシュリーグ vs早稲田大学(○4-2)

みなさん、こんばんは!
2年マネージャーの千坂です(*´∀`)♪

今年の春季フレッシュリーグ
明治は昨日の法政大学戦に
負けてしまった時点で、
優勝条件である4勝以上を達成することが
できなくなってしまいました。

しかし、やはり最後は
勝って終わりたいものです。

さて、フレッシュリーグ最終戦、
勝利することはできたのか!
さっそく振り返っていきましょう!

まずは今季最後!
マネージャーが選ぶ今回活躍した選手!

今日はこの選手です!
1年・原田(日本航空石川)

9回表、3-2の場面で、
勝利に繋がる大きな1点を
あげてくれました。



本日のベンチ入りメンバー
1回表、
いきなり1年・村松(静岡)
内野安打で出塁し、
2年・大高(明大中野)が
しっかり送りバントを決めます。

次のバッターはショートゴロに倒れるも
その間に村松は三塁に進みます。

このチャンスに
バッターは1年・中村(日大三)
レフトへのタイムリーヒット
嬉しい先制点をあげます。
1-0

先発は2年・米原(八王子)
ヒットや四球などで毎回ランナーを出すも
冷静にピンチを切り抜け
5回まで無失点に抑えます。

2回表、
2年・大池(明大中野八王子)
内野安打で出塁すると、
2年・戸部(前橋育英)
ライトへのツーベースヒット
ランナー二、三塁のチャンスを作ります。
ここで、次のバッターで
相手チームにエラーが出て
三塁ランナー大池が生還し、
1点を追加します。

2-0

チャンスは続きます。

次がキャッチャーフライに倒れるも、
続くバッター2年・大高(明大中野)が、
センター前ヒット、さらに1点追加します。
3-0

そこから試合は動かず6回裏、
ここまで無失点に抑えていた米原ですが、
ヒットやワイルドピッチなどで
1点返されてしまいます。

3-1

そして8回裏、
ヒット、盗塁でピンチを迎えた
米原に代わりマウンドに上がったのは
2年・髙橋(小諸商)
ヒットを打たれ、
1アウト一、三塁のピンチを迎えます。

ここで次のバッターに
タイムリーヒットを打たれ
1点を返されてしまいます。

3-2

続くピンチの場面ですが、
落ち着いて打ち取り、ゲッツーに仕留めて
この回を最小失点で切り抜けます。

最終回、
なんとしてでも勝ち逃げたい明治は
大高内野安打で出塁し、
1年・山田陸(桐光学園)の巧みなバスター
中村の送りバントで
1アウト二、三塁とします。

次のバッターはレフトフライに倒れ、
2アウト二、三塁。

この場面に今日のヒーロー原田
「前の打席のチャンスの場面で打ちとられてしまったので、
次は絶対打ってやろうと思いました。」
と、力のこもったタイムリーヒット
4-2

勝利の兆しが見えてきます。

そして裏の相手の攻撃、
髙橋がしっかりと3人で抑え試合終了。

4-2
最終戦を勝利で飾ることができました。

今年のフレッシュリーグは連盟規定により、
4勝以上の条件に該当するチームが
出なかったため優勝預かりとなりました。

しかし明治は3勝1敗1分、勝率0.750で
と同率一位で
終えることができました。

最後に今年フレッシュリーグで
主将を務めた2年・五十嵐(山梨学院)から
応援してくださった皆さんに向けて
メッセージを貰いました。
「春季フレッシュリーグ戦、
たくさんの応援ありがとうございました。
残念ながら今年は優勝預かりという結果になってしまいました。
今回、神宮で経験したことを、必ずこの先に活かしていきたいと思います。
秋季リーグ戦で一人でも多く、レギュラー争いができるように頑張っていきますので
これからも応援の程、よろしくお願いします。」

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜
今年のフレッシュリーグも
温かいご声援ありがとうございました。

今週末からは
第68回全日本大学野球選手権大会
始まります。

部員全員一丸となって戦いますので
熱い応援の程、よろしくお願いします!

それでは本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧