TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.06.07

フレッシュリーグ vs法政大学 (●0-1)

みなさんこんにちは!
2年マネージャーの小松崎です。
 


本日はフレッシュリーグ4戦目となる、法政大学が行われました。

 

昨日の戦では惜しくも引き分けとなった明治。昨日からの流れを断ち切り勝利したいところですが、
その勝敗やいかに…?
 


それでは早速本日の試合を振り返っていきましょう!
 

 

まずは、本日のマネージャーが選ぶ活躍した選手

2年・柳澤(明治)
 

 
6回を投げ、1失点と粘りの投球を見せました。

 

本日のベンチ入りメンバー
 


先発は、本日活躍した選手にも選ばれた柳澤
 


5回までヒットを2本に抑え、法大打線を封じ込めます。
 


援護したい打線は2回、
2年・天野(明大中野八王子)が死球により出塁。後続のバッターは三振に倒れたものの、
続くバッター、1年・山田陸(桐光学園)内野安打を放ち、ツーアウト一、三塁とします。

 

しかし後続のバッターが三振に倒れ、この回チャンスを活かしきれません。
 


その後両校ともに打線は沈黙。
柳澤法政大学・古屋敷投手による投手戦となります。

 

なんとか先制点を挙げたい明治ですが、
6回の裏、法政大学の先頭バッターにレフト前ヒットを許してしまいます。
さらに後続のバッターにもライト前ヒット、内野安打と連打を浴び、この回に1点を失います。

 

 


7回のマウンドに上がったのは、昨日の戦にも登板した2年・西城(東北学院)
 
7回、8回を危なげないピッチングで三者凡退に抑えます。

 

未だ無得点の明治
なんとか意地を見せたいところですがその後1本のヒットも出せず、
迎えた最終回も三者凡退に抑え込まれ、試合終了となりました。
 



0-1


 
この試合に明治が出したヒットは1本のみと、打線に勢いのない試合となりました。

 

明日のフレッシュリーグは、
対 早稲田大学 三塁側
12時30分試合開始予定
 
 

明日がフレッシュリーグ最後の試合となります。
打線が爆発し、明治らしい試合ができるよう精一杯戦って参ります!
ご声援よろしくお願いします。
 

それでは、本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧