TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.07.08

みんなが選んだ「気持ちの見えた”アツイ”選手」

みなさん、こんにちは!

3年マネージャーの小栗です(^^)/

 

そしてお久しぶりです…!!

 

約2か月ぶりの登場です!!

 

この2か月たくさんのことが起こりました…。

 

まずは…

春季リーグ戦優勝!!!

 

私が入学してから優勝したことがなかったので3年生以下にとっては初めての優勝となりました!

 

そして…

全日本大学野球選手権大会優勝&日本一!!!

 

私は優勝の瞬間スタンドにいたのですが、本当に心からこう思いました!

「やっぱり明治がNo.1!」

全部員が各々自分の役割を果たすことができたからこその日本一であったと思います!(^^)

そこで今季も実施しました!!!

『みんなで選ぼう明治のNo.1』

今回は325人もの方にご協力いただきました。

回答してくださった方、ありがとうございます!

そしていくつかの項目の中から本日は…

『気持ちの見えた"アツい"選手』の結果を発表していきます!♪

まずは第5位


2年・竹田祐(履正社)

・いいピッチングのときに吠えていた!

・気迫溢れるピッチングに心を奪われました

・貢献しようと必死にやっているのが伝わる!

春季リーグ戦慶應義塾大学第2回戦での満塁ホームランは皆さんの記憶にも新しいと思います!

2年生になりより頼もしく、そしてチームには欠かせない存在となりました!

続いて、第4位


4年・伊勢大夢(九州学院)

・全日本大学野球選手権大会での見事なピッチング

・「絶対に打たせない」と思わせる気迫のあるピッチング!

・表情を変えずに投げているが、時々見せる仕草に誰よりも熱さを感じた!

エースナンバーである背番号11をつけたこの春、投手陣を引っ張ってきました!

全日本大学野球選手権大会東京農業大学北海道オホーツク戦では完璧なリリーフを見せ日本一の立役者の1人です!

続いて、第3位


4年・喜多真吾(広陵)

・副将の自覚とともにあらゆる面でレベルアップをしていてその努力に感動した

・土壇場でのホームラン

・「ここ!」というところで打ってくれた

今季大活躍を見せたといっても過言ではありません!

春季リーグ戦法政大学第1回戦では9回に同点となるホームラン

全日本大学野球選手権大会佛教大学戦では勝利を決定づけるタイムリーツーベースヒットを放ちました!

続いて、第2位


4年・北本一樹(二松学舎大附)

・試合中に一番声を出していた!

・チームの勝利のためにプレーしているのが感じられました

・チーム一大きい声と必ず塁を取りに行くという姿勢

・凡退した時に悔しさが溢れていた

背番号20をつける頼れる4番であり副将の北本

全日本大学野球選手権大会では首位打者を獲得し、

普段の寮生活からもプレーからも部員を引っ張ってきました!

北本明治大学野球部にとって、とても大きい存在です!!

そして、第1位に輝いたのは…!!??


4年・森下暢仁(大分商)

・エース、主将としてあの姿は熱かった!!

・マウンドに立った時はもちろん、ベンチから声を出している時も主将らしかった

・チームを勝利に導こうという意識の高さを感じた

・気力溢れる全力投球!

・優勝決定時の三振!

リーグ戦ではベストナイン

全日本大学野球選手権大会では最高殊勲選手賞最優秀投手賞を受賞しました!!

そして主将としてもチームを牽引!

私達部員にとっても皆さんにとっても特に"アツい"選手だったと思います(^^)

森下なくして今回の日本一は語れません!!!

いかがでしたか??

今回は気持ちの見えた"アツい"選手』をお届けしました!!

次は『ハートを"狙い撃ち"された選手』の結果を発表します!

次回もお楽しみに!!

それでは本日はこの辺りで失礼します<(_ _)>

東京六大学野球ブログリーグ一覧