TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.07.09

みんなが選んだ「ハートを狙い撃ちされた選手」

こんばんは!
4年マネージャーの逆瀬川です!
 

本日のみんなで選ぼう!明治のNo.1は、
「ハートピンクハートを狙い撃ちされた選手」!
 

老若男女問わずみなさんのハートを「狙い撃ちした」選手とは!?
 


第5位
4年・内山竣(静岡)
・クール&ビューティーなのにプレーは真逆で泥臭い。そのギャップに魅了されます!
・クールに打って、喜ぶ姿もクールでかっこよかった。
・ どのガッツポーズもかっこよかったです!


クールな雰囲気に加え、努力家で真面目な内山
直向きな姿勢に心を打たれた方が多いようです!
 

第4位
2年・丸山和郁(前橋育英)
・俊足を生かした守備も攻撃も最高でした。
・広い守備範囲で何点もの失点を防いだ。
・足の速さが光る盗塁!
・ポテンシャルが凄い。


2年生ながらも抜群の存在感を発揮しました。
丸山の好守備がピンチを救った場面は数知れず!
 

第2位
4年・喜多真吾(広陵)、4年・添田真海(作新学院)
 

喜多
・チャンスで回ってくる運の良さ。そのチャンスをモノにする勝負強さ。完璧!
・安定感のある雰囲気、結果を残す力春季リーグで一気にファンになりました!
法政戦、同点ホームラン!シビレた!
 

「ここぞという時に打つ勝負強さ」がボールだけでなく、
みなさんのハートを狙い撃ちしたのでしょう!
 

添田
・チャンスで回れば何とかしてくれる。そんな頼もしさを感じます。
・堅実で安定し華麗な守備が魅力的。
・いつも淡々とプレーをしている。派手さはないが職人ぽさが良い!
 

小柄ながらも安定した守備とバッティングには定評があります!
 


第1位

4年・森下暢仁(大分商)
昨日の「気持ちのみえた“アツい”選手」に続き2冠達成!
 

真剣な表情と、時折見せる笑顔には
誰もがハートを鷲掴みにされてしまいますね(・ω・)

 

・ベンチに帰る時のあの笑顔素敵!!!
・試合中の厳しい表情と、勝利を決めたあとの爽やかな笑顔のギャップに、見事ハートを撃ち抜かれました!
・高校時代からずっとハートを射抜かれています!
・安定感。球速。全部。
・針の穴を通すコントロール!


主将として、様々な苦難に直面しながらも
笑顔を絶やすことはありませんでした!


投票が多かった上位5名を発表しましたが、
こちらには書ききれない程、他の選手にも多くのコメントをいただきました(o^^o)

票数が少なく、ちょっと寂しそうにしていた選手もいましたが…(笑)

より一層、選手一人一人がみせる表情や行動を見逃せません!


また、選手だけでなく応援してくださる方々の笑顔がたくさん見れますように☆☆
明日は、「今季躍進した選手」を発表します!
お楽しみに!

東京六大学野球ブログリーグ一覧