TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.10.19

vs慶應義塾大学 1回戦(●1-4)

みなさんこんにちは!

3年マネージャーの中嶋です。

 

本日は対1回戦でした!

17日のプロ野球ドラフト会議以降、 初めて迎えるリーグ戦です。

 

それでは試合を振り返ります。

 

 

 

ベンチ入りメンバー

 

 

先発はドラフト会議で横浜DeNAベイスターズから

3位で指名を受けた4年・伊勢(九州学院)

1回戦での先発登板は今季初です。

 

 

 

【1回表】

伊勢は、先頭打者を四球で出し、

犠打で一死二塁とピンチを迎えます。

 

打席には福岡ソフトバンクホークスから 5位指名を受けた・柳町選手。

初球をバックスクリーンに運ばれ、2点を先制されます。

 

 

 

今日はベンチスタートとなり、 戦況を見つめる年・森下(大分商)

 

0ー2

 

 

 

その後もなかなか制球が定まらない伊勢

二者連続四球と安打で二死満塁と再びピンチ。

しかし、ここでショートの1年・西山(履正社)の ファインプレーでピンチを凌ぎます。

 

 

 

 

【1回裏】

反撃したい明治

先頭の2年・陶山(常総学院)が四球で出塁し、

盗塁を決めるチャンスメイク!

 

 

無死二塁で打席には4年・添田(作新学院)

 

 

ライト前へタイムリーヒットを放ち、1点を返します!

 

 

 

ホームへ生還した陶山

 

2ー1

 

 

 

その後は、両者幾度となく得点のチャンスを作りますが、

両先発投手が踏ん張り、スコアボードに0が並びます。

 

 

 

【5回表】

先頭の慶大・柳町選手にヒットを許すと、

続く中日ドラゴンズから4位指名を受けた郡司選手に 二塁打を浴び、無死二、三塁のピンチ。

 

 

続く正木選手の打席で痛恨のワイルドピッチ。

1点を追加されてしまいます。

 

1ー3

 

 

なおも一死三塁のピンチで、犠牲フライを決められ、 さらに1点を追加されます。

 

1ー4

 

 

 

8回からは年・入江(作新学院)がマウンドへ。

 

伊勢は7回7奪三振も、6四死球4失点と制球に苦しみました。

 

 

一方、入江は再三ピンチを招きますが、

粘りのピッチングで2回を無失点に抑えます。

 

ピンチを乗り越えて迎えた最終回。

 

なんとしても反撃したいところで

先頭の1年・原田(日本航空石川)が内野安打で出塁します。

しかし反撃もここまで。

 

得点は1回の1点にとどまり、5連敗を喫しました。

 

1ー4

 

 

 

 

本日、リーグ戦初打席を飾った選手がいます。

4年・今村(鹿児島中央)

 

 

「神宮の打席は甘くなかったです。

これまで支えてくれた全ての方々に感謝します。

残り試合もわずかですが最上級生として 最後までやり抜きたいと思います!」

 

遂に引退へのカウントダウンが始まっている4年生。

有終の美を飾れるよう、 我々下級生も全力でサポートしていきたいと思います。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

明日の試合

2回戦

10月20日(日)  13時30分試合開始予定

先攻 三塁側

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

 

また、明日は選手の直筆サイン入りグッズが 当たる抽選会を行います!

 

12時15分より @三塁側応援席入り口

※チケットの確認をさせていただきます。

※お一人様一回限りとさせていただきます。

 

チケットをお持ちの方なら誰でもご参加いただけるので、 奮ってご参加ください!

 

 

 

さらに、本日より紫パンフレットの 5ポイント景品の交換を開始しました!

こちらは選手の直筆サイン入りの写真となっています。

 

 

明日は、

第一試合の9回から第二試合1回終了時までと試合後20分間、

8番出口でのお渡しになります。

 

 

明日も応援よろしくお願いします。

東京六大学野球ブログリーグ一覧