TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.11.05

フレッシュトーナメント vs早稲田大学(△1-1)

みなさんこんばんは!

1年マネージャーの小田です。

 

 

本日は、秋季フレッシュトーナメント

初戦・早稲田大学戦が行われました!

 

 

今春に行われた春季フレッシュリーグ、

そして今夏新潟で行われたサマーリーグの

2つの新人戦において同率1位を獲得したものの、単独優勝を手にすることはできませんでした。

 

今日からのフレッシュトーナメントこそ優勝を果たしたいところ・・・

 

 

早速、今日の試合を振り返っていきましょう!

 

 

まずは、

マネージャーが選ぶ今日のMVP選手!

今日はこの選手です!

 

2年・髙橋(小諸商)

 

 

何度かピンチを背負いましたが、

第1戦の先発投手としての意地を見せ、ここぞというときは力強いピッチングで打者を抑え、8回無失点13奪三振の好投を見せてくれました!

 

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

先発は髙橋

 

 

 

2回裏、

二者連続四球などで1アウト満塁のチャンスを迎えますが、あと1本が出ず得点することができません。

 

 

 

4回裏、

先頭打者の2年・天野(明大中野八王子)ライトへのヒットで出塁すると、

 

 

続く2年・大池(明大中野八王子)レフトへのヒットを放ち、

 

 

2年・岩田(桐蔭学園)送りバント

1アウト二、三塁のチャンスをつくります!

 

 

 

その直後、相手のワイルドピッチで1点を先制します!

 

 

ホームインする天野

 

 

1-0

 

 

その後も1年・長南(八戸学院光星)四球で出塁しますが、後が続かずこの回は1点で終了。

 

 

 

 

5回以降は両者とも得点をいれることができず、

スコアボードには0が並びます。

 

 

 

 

1点リードで迎えた9回表、

この回から2年・宮内(山梨学院)がマウンドにあがります。

 

 

しかし2つの四球とワイルドピッチで1アウト一、三塁のピンチを作ってしまい、そのままマウンドをおります。

 

 

 

何としてでも抑えたいこの場面でマウンドを託されたのは2年・米原(八王子)。

 

 

三振に仕留め2アウトとするものの、

後続のバッターにレフトへヒットを打たれ同点とされてしまいます。

 

1-1

 

 

 

 

その裏、

2アウトから1年・中村(日大三)レフトへのツーベースヒットを放ち、

サヨナラのランナーを出しますが、

あと1本が出ず試合はそのまま終了。

 

 

1-1

 

 

 

最終回までリードしながらも

最後の最後で追いつかれてしまい、

フレッシュトーナメント初勝利とはなりませんでした。

 

 

 

゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚

 

次回の試合は、

11月7日(木)

対 法政大学 一塁側

10時試合開始

 

゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚゚*。:゚ .゚*。:゚ .゚*。:゚

 

 

次回も熱いご声援、よろしくお願いします!

 

 

それではこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧