TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.11.07

フレッシュトーナメント vs法政大学(○4-3)

みなさんこんばんは!

2年マネージャーの小松﨑です。

本日は、フレッシュトーナメント2戦目となる法政大学戦が行われました。

法政大学と言えば昨春、今春のフレッシュリーグ、昨秋のフレッシュトーナメントに加え、今夏のサマーリーグにおいても一度も勝利したことがない因縁の相手。

初戦の早稲田大学戦では引き分けとなったため、なんとしてでも勝たなければいけない明治ですが、勝利することはできたのでしょうか…

早速試合を振り返っていきましょう!

 

本日のベンチ入りメンバー

 

先発は、2年・米原(八王子)

 

3回表、連打で無死一、二塁とすると、次の打者のバント処理の間にランナーが還り先制点を許します。

続くバッターに、タイムリースリーベースヒットを打たれ、更に1点を追加されます。

 

0-2

 

更に6回表、先頭バッターに内野安打を許すと、ヒットやエラーも絡み更に1点を追加され、降板します。

 

0-3

 

5回までに明治が放ったヒットは、2年・大髙(明大中野)のスリーベース1本と抑え込まれますが、3点ビハインドで迎えた6回裏、遂に相手投手を攻略します。

 

5回の守備から出場した2年・大橋(沼津東)ライト前へヒットを放ちます。

 

後続のバッターは三振に倒れるものの、1年・中村(日大三)レフトオーバーのヒットを放つと、相手のエラーが絡み大橋が生還、1点を返します。

 

1-3

このまま追加点の欲しい明治

 

2年・植田(高松商)四球を選び、2年・戸部(前橋育英)内野安打でワンアウト満塁のチャンス。

 

打席に立つのは1年・山田陸(桐光学園)

 

レフト線へのタイムリーツーベースヒットを放ち、更に2点を追加し同点とします。

 

3-3

 

代打の1年・小池(前橋育英)が打席に入ります。

直後、捕逸により1点を追加し逆転に成功。

 

4-3

 

リードを守り切りたい明治

 

7回にマウンドに上がるのは2年・西條(宮崎大宮)

 

打者を3人で仕留めこの回を守り切ります。

 

1点差のまま迎えた8回表、ツーベースヒットを許し降板します。

 

後を託されたのは1年・渡部(千葉黎明)

 

9回までに3本のヒットを許すものの追加点を与えない強気のピッチングで守り切り、試合終了。

 

4-3

新人戦因縁の相手である法政大学から、ついに白星を飾ることができました!

 

本日までの2試合をもって弊部はAブロック2位が確定し、3・4位決定戦へと駒を進めることとなりました。

 

明日、11月8日(金)の順位決定戦は、

vs立教大学 三塁側

10時30分試合開始予定

 

目標としていた優勝はなくなってしまいましたが、明日の順位決定戦がいよいよ今年最後の公式戦となります。

引き続き熱いご声援の程、よろしくお願いします。

本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧