TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2019.11.28

第2回大学野球オータムフレッシュリーグを終えて☆

みなさん、こんにちは!

2年マネージャーの小松﨑です。

 

 

今年も静岡県で開催されたオータムフレッシュリーグ明治の2日間の様子をお届けします!

 

 

〜11月23日(土)〜

 

心配されていた天気も無事回復し野球日和となったこの日、清水庵原球場にて2試合行いました!

 

 

【1試合目 vs東海大学海洋学部】

 

ピッチャーは2年・柳澤(明治)2年・阿南(明大中野)

 

四死球やエラーなど相手の隙を見逃さず、コツコツと点を重ねて勝利しました!

 

5-1

 

 

【2試合目 vs國學院大学】

 

ピッチャーは2年・西城(東北学院)

 

この試合、西城は1失点完投と好投しましたが、打線が援護できず、引き分けとなりました。

 

 

1-1

 

 

試合終了後には、交流会に参加しました。

普段関わることのない他大学と交流ができ、多くの刺激を受けました!



左から3番目:2年・宮田(育英)

右:1年・明新(明大中野)



 

センター:1年・島村(明大中野八王子)

右:1年・杉山(明大中野八王子)

 

右から4番目:1年・日置(日大三)

 

 

 

〜11月24日(日)〜

 

最終日となるこの日は草薙球場に場所を移して、同じく2試合行いました!

 

【3試合目 vs駿河総合高校】

 

高校生相手に大学生の意地を見せることができたのでしょうか…

 

ピッチャーは2年・松元(多摩大目黒)阿南2年・宮内(山梨学院)

 

この試合の活躍選手は日置

 

ライトオーバーの強烈なタイムリースリーベースヒットを放ちました。

 

しかし、あと1本が出ずに試合は引き分けとなりました。

 

3-3

 

【4試合目 vs東京大学】

 

ピッチャーは1年・下江(盈進)1年・渡部(千葉黎明)

 

下江は7回を投げ13個三振を奪いました。

 

この試合、下江の流れを引き寄せる投球と野手陣の繋がりある打線が噛み合い、

今年最後の公式戦を締めくくる素晴らしい勝利となりました。

 

7-0

 

そして、2勝2分で全日程を終えました。

 

ここで、3年・小原(明大中野)と、主将の五十嵐にこの2日間を振り返ってもらいました!

 

小原

「オータムリーグ2日間、下級生を中心としたメンバーで戦わせていただきました。
普段出場機会に恵まれない選手も試合に出場し、良い経験になったと思います。
試合でしか学べないこともたくさんあります。
各々が今回出た反省を活かしてオータムリーグのメンバーから1人でも多く
来年の春のリーグ戦で活躍できるように、
私自身これからの練習に取り組んでいきたいと思います。
最後に、このオータムリーグを企画、運営に携わっていただいた方々に御礼申し上げます。」

 

五十嵐

「主将として参加した今年のオータムリーグでは様々なことを考えました。
この大会を行うにあたり、たくさんの方々のご尽力があり、
我々選手が伸び伸びプレーをすることができること、
これは決して当たり前ではないと改めて感じました。
普段戦うことのないチームと戦えたことも大きな経験となりました。
今年最後の公式戦として再び静岡の地で野球ができたことをとても嬉しく思います。
これらの経験を糧に来年のリーグ戦で活躍できるようこの冬取り組みたいと思います。」

 

私も、所属リーグの垣根を超えて、様々な大学のマネージャーや選手と会話をしたり仕事を共にすることで、

改めて自分の未熟さを痛感すると共に、得る物も多くとても充実した2日間となりました!

 

関係者の方々、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

 

それでは、本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧