TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.08.18

vs東京大学(○9-1)

みなさん、こんばんは!
3年マネージャーの小松﨑です。

A
本日は今季の最終戦、東京大学との試合が行われました!
未だ勝ち星0の明治。ここはなんとしても1勝したいところ。

A
試合を振り返る前に、マネージャーが選ぶ本日の活躍選手は、2年・西山(履正社)

リーグ戦出場機会の多かった西山ですが、この東大戦で待望のリーグ戦初安打初打点を記録!
次の打席で放った打球は大きなアーチを描き、ライトスタンドへ飛び込むホームラン!

自身にとってはリーグ戦初の、チームにとっては今季初のホームランとなりました。

ヒットを量産した明治、他にも活躍選手がたくさんいるのでさっそく振り返っていきましょう!

A
本日のベンチ入りメンバー

【1回表】

1番バッターの4年・藤江(千葉黎明)四球で出塁すると、
ついで3年・陶山(常総学院)ライトへのヒットを放ちます。

陶山盗塁によりノーアウト二、三塁とチャンスを作ると、打席に立つのは4年・公家(横浜)
左中間へのタイムリーツーベースヒットを放ち、一気に2点先制します。

勢いの止まらないまま、4年・清水風(常総学院)右中間へのタイムリースリーベースヒット3年・篠原(報徳学園)レフトへのタイムリーヒットでさらに2点追加します。


清水風


篠原

A
2アウトで、2年・明新(明大中野)法政大学戦に引き続き、センターへのヒットを放ち、

盗塁を成功させ、ツーアウト二塁と再びチャンスを作ります。

A
続く西山センターへのタイムリーヒットを放ち、初回に一挙5点を先制します。

5ー0

A

A
【1回裏】

マウンドに上がるのは今季2度目の先発を任された3年・髙橋(小諸商)

初回を三者凡退に抑え幸先の良いスタートを切ります。

A

A
【4回表】

1アウトから、西山自身初となるライトへのソロホームランを放ちます。

6ー0

A

 

A
【4回裏】

先頭バッターを三振に打ち取るものの、後続に四球を与え、
続く4番バッターに右中間へのタイムリーヒットを許し、1点を返されます。

6ー1

A
【6回表】

先頭の明新四球を選び出塁すると、今季初出場の4年・青木(東京都市大付)がファーストランナーに入ります。

バッターは西山に代わって4年・鈴木貴(佐久長聖)
惜しくも三振に打ち取られますが、青木は俊足を活かし二塁へ盗塁

青木は本日盗塁を2回成功させ、足で勝利に貢献しました!

ここで打席に立つのは藤江
見事期待に応え、ライトへのタイムリーヒットを放ちます。

7ー1

A

A
【6回裏】

1点を返されるものの許したヒットは3本のみと、気迫のピッチングを見せた髙橋に代わってマウンドに上がるのは、3年・宮内(山梨学院)

2回を投げ、ヒットを許すものの危なげないピッチングで東大に追加点を許しません。

A

A
【8回裏】

この回からマウンドに上がるのは3年・西城(東北学院)


きっちりバッターを3人で仕留め、9回へと繋げます。

A

A
【9回表】

先頭バッターの陶山レフトへのヒットを放つと、
盗塁を成功させノーアウト二塁と追加点のチャンスを作ります。

後続がライトフライ、ピッチャーライナーに抑え込まれ、ツーアウト二塁で迎えた打席は篠原
左中間へのタイムリーツーベースヒットを放ち、1点を追加します。
8ー1

A
続く斉藤センターへのタイムリーヒットを放ち、さらに1点を追加。


斉藤はこの試合、2打数2安打と勝利に大きく貢献し、さらにリーグ戦初打点も記録しました!

9ー1

A

A
【9回裏】
西城がこの回ヒットを1本打たれますが、最後は三振に打ち取り、試合終了。

9ー1

A
この試合、計14本のヒットを放ち、初となる勝ち星を獲得しました。

A
春季リーグ戦2連覇を掲げて最後まで諦めずに戦い抜きましたが、5位に終わり悔しい結果となりました。

約1ヶ月後には秋季リーグ戦が開幕します。

まだまだ先の見えない状況が続きますが、秋季こそは優勝し、みなさんへ元気をお届けできればと思います。

A
例年とは違う環境下の中、今季も熱い応援をありがとうございました。

A
それでは、本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧