TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.08.29

ラストシーズンに向けて──小原壮太(明大中野)

こんにちは。

付属番長の小林篤からバトンが回ってきました、

同じ付属校出身の4年学生コーチの小原壮太(明大中野)です。

 

 

ついにこのブログを書く時が来てしまいました…

私は大学4年間を明治大学野球部で過ごすことができて本当に良かったです。

普通の大学生には味わうことのない、かけがえのないものを得ることができたと感じています。

 

 

大学野球生活を振り返ってみて、

楽しい思い出や辛い思い出のすべてが、今となっては良い思い出となっています。

素晴らしい同期や頼もしい先輩、可愛い後輩たちと一緒に野球をし、寮生活を送ることができたことを誇りに思います。

 

最後の1年は学生コーチを務めさせていただき、

チームのことについて考えることが多くありました。

 

 

そこで、野球において最も大事なことはどれだけ「チーム一丸」になれるかということだと感じました。

チームをまとめるには時間がかかりますが、バラバラになるのは一瞬です。

私はリーグ戦での結果がチームのまとまりを表していると思っています。

春季リーグ戦は残念な結果になってしまいましたが、秋季リーグ戦で挽回するチャンスはあります。

残りの期間でのチーム作りという部分は学生コーチの腕の見せ所でもあると考えています。

来たる秋季リーグ戦では4年生が中心となって、公家世代の「底力」を存分に発揮してチーム一丸となって優勝し、引退したいです。

 

さらに、来年以降も強い明治大学野球部であるために、

残りの期間で良い物を後輩たちにしっかりと残していきたいと思っています。

 

最後に、両親には感謝しかありません。

長い間、何不自由なく野球を続けさせてくれてありがとう。

 

また、田中監督はじめ明治大学野球部の指導者の方々、私の野球人生に携わっていただいた指導者の方々には、野球においても人間的にもご指導いただきありがとうございました。

ラストシーズンを優勝して恩返ししたい気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

 

 

次は、私と同部屋として共に過ごしてきた期間は約1年半、

明治のジョン・レノンこと清水海地です↓

 

 

お楽しみに!

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧