TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.09.10

ラストシーズンに向けて──渡邉涼太(広陵)

こんばんは。

 

明大野球部の中で「ちょす」の異名を持つ吉村君から紹介を預かりました。

みんなから愛されているチンパンジーこと渡邉涼太(広陵)です。

 

なぜチンパンジーと呼ばれているのかは未だに分かりませんがみんなが笑顔でいてくれるなら構いません。

 

改めて、4年間過ぎてみればあっという間の時間でした。

 

小さい頃から野球が本当に大好きで、嫌なことがあったとしても、なぜか練習だけは毎日することができていました。

 

練習をすれば必ず結果は出るものだと信じて疑ったことなど1度もなく、大学に来てからも毎日のように自主練習をしていました。

 

しかし、人生で初めて大学3年生の時に野球が本当に嫌いになりかけました。

 

なぜそうなったのかは未だに自分でも分かりませんが、

リーグ戦でスクイズを失敗した時、どこか今まで繋がっていた「野球が大好きだ」という気持ちの糸が切れた瞬間でした。

 

何をやっても上手くいくことはなく、今までは当たり前に行っていた自主練習も一切することはなくなり、

1度は寮を出て野球とは一切関係を断ち切ろうとまで考えました。

 

その中で、リーグ戦で試合に出ている同期であったり、後輩を外から見ていた時に、

今までどれだけの人に支えられて野球ができていたか確認することができました。

 

今までは、リーグ戦で応援をしていただいていることは恵まれているということを、どこか分かっていたように思っていましたが全然分かってはいませんでした。

 

暑い中、必死に応援をしてくださる方を見て、心打たれ泣いてしまったことは今でも忘れることはできません。

 

自分達は本当に恵まれているということを再確認することができました。

 

そこからもう1度本気で野球に関わろうと思い、今日まで野球に対して向き合ってきました。

 

今では自分が教えている後輩が結果を出すこと、そして何もよりも練習を一緒に行っている同期が結果を出すことが1番嬉しいです。

 

次が最後のリーグ戦となります。

 

リーグ戦での思い出はたくさんありますが、

最後の自分たちの代で、笑顔で終わりたい。

応援をしてくださるたくさんの人に喜んでもらいたい。

その気持ちしかありません。

 

自分に出来ることは微々たるものかもしれませんが、1度嫌いになりかけた野球にも恩返しができるよう、これからも必死に毎日を頑張っていこうと思います。

 

最後に同期のみんなには感謝をしてもしきれません。

 

ケンカをしたこともたくさんあるけどこれからも一生付き合っていこう。

 

長々と書きましたがここまで読んでいただきありがとうございました。

 

次回は人と付き合うのが上手くて見習いたい太田くんのブログとなります。

 

お楽しみに!!

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧