TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.09.16

ラストシーズンに向けて──入江大生(作新学院)

こんにちは!

 

ディズニーランドでミニーのカチューシャをつけていたところを後輩に発見された、

明大野球部一イケメンの市岡奏馬くんからバトンを受け取りました、4年副将の入江大生(作新学院)です。

 

 

まずは、新型コロナウイルスという状況の中、

無事に秋季リーグ戦が開催されるにあたり、ご尽力くださった東京六大学野球連盟をはじめとする、関係者の方々に深く感謝申し上げたいと思います。

 

この大学生活4年間を振り返ってみると、

大きな決断として打者から投手に転向したことがあげられます。

 

高校時代から自分を知っている人からは「なぜ投手になったのか」という声が多くあり、自分の耳に入ることも多々ありました。

 

また、投手として結果が残せない期間が長く、

「やはり打者のほうがいいのではないか」という想いが芽生えたこともあります。

 

しかし、自分は周りの人にとても恵まれました。

先輩方や同級生、後輩が自分にアドバイスをくれたり、見本になるような方が多かったので、ここまで投手を続けることができたのだと思います。

 

 

そしてこの4年間、私が一番成長したと思うところは人間的な部分です。

 

まだまだ至らない部分も多いのですが、

高校卒業当時は精神的に幼い部分がありました。

 

代表例として、

ユニフォームを公家のものだと思ってふざけて冷凍庫にいれていたのですが、

実はそれは先輩のユニフォームで、食堂のおばちゃんにこっぴどく怒られたこともあります。

 

その時に比べると今はちゃんとアイスなどを冷凍庫に入れることができています。

 

 

冗談はさておき、みんなと同じような流れにはなってしまいますが、

ここまで野球をやってこれたのも、自分と関わって下さった方々をはじめ家族のおかげです。

 

野球をやっていれば楽しいことばかりではなく、少なからずつらいことや苦しいことがあります。

その中で自分には心の支えとなってくれる方々がたくさんいました。

 

今度はその人達に野球を通じて恩返しをする番です。

 

 

ラストシーズンとなってしまいましたが、後輩に残せるものをしっかりと残し、

良い伝統を引き継いで秋季リーグ戦は必ず優勝したいと思います。

 

そして新チームが始まった当初からチームをまとめてくださっている、

田中監督、戸塚助監督、鈴木コーチ、西嶋コーチ、スタッフの方々、公家を胴上げします。

 

 

長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

今後とも明治大学野球部をよろしくお願い致します。

 

 

次は、、、

風馬 (^_-)-☆

 

左から、清水風、入江

東京六大学野球ブログリーグ一覧