TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.10.15

【明慶戦直前対談!植田兄弟編】植田理久都×植田響介

みなさん、こんばんは!

4年マネージャーの小栗です(^^)/

 

 

本日はコラボブログ第二弾!

2016年のセンバツでは史上初のアベックホームランを放ち甲子園を沸かせた兄弟、

3年・植田理久都(高松商)4年・植田響介選手(高松商)にインタビューをしてきました!

 

 

 

 

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

 

 

▷春季リーグ戦を振り返ってどうでしたか?

理久都:試合への出場機会が少なく、1打席1打席を大切にできたと思います。

響介:普段のリーグ戦とは違い変則的な開催になりましたが、

チームとしてやるべきことはできたのかなと思います。

2位という結果に終わってしまい、課題や技量不足な部分が明確になりました。

 

 

▷兄弟での思い出は?

理久都:甲子園で史上初の記録を残したこと。

サマーリーグでお互い捕手として対戦できたこと。

 

左から理久都、響介

 

 

響介:第88回選抜高等学校野球大会で甲子園史上初の兄弟ホームランを達成したこと!

 

左から理久都、響介

 

 

▷お互いにこれだけは絶対負けない!というところはどこですか?

理久都:食費、体重。

響介:肩、長打力、英語力!

 

 

▷相手チームにこれだけは絶対負けない!というところはどこですか?

理久都:ハングリー精神!!!

響介:自主性。選手各々の顔面偏差値。(笑)

 

 

▷今シーズンの意気込みをどうぞ!

理久都:出番があれば精一杯頑張れ!なければチームのためにできることを頑張れ!

できればまた同じチームで一緒に野球できたらなとか思ったりもする!

その為に俺も頑張る!とにかくお互い頑張ろう!

響介:死に物狂いで闘います!

明治を牽引する選手になって兄の想いも背負って大暴れしてくれ!

応援してるからな!

 

 

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

 

 

次回は学生コーチの2人のインタビューをお届けします!

 

お楽しみに!!

東京六大学野球ブログリーグ一覧