TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2020.11.11

フレッシュトーナメント vs法政大学(○5-0)

みなさんこんにちは!

2年マネージャーの小田です(^^)/

 

 

本日は秋季フレッシュトーナメントのブロック戦2試合目、法政大学との試合が行われました!

本日の試合でブロック戦の順位が決まります。

1位抜けして明日のトーナメント戦に繋げたいところ・・・

 

早速本日の試合を振り返っていきましょう!

 

 

本日のベンチ入りメンバー

 

 

 

【1回裏】

 

先発は1年・村田(春日部共栄)

リーグ戦では中継ぎとして登板していた村田ですが、本日は先発を務めます!

 

初回はランナーを出しながらも0点に抑えます。

 

 

 

 

その後、両者ランナーを出しながらも得点に結びつけることはできず、スコアボードには0が並びます。

 

 

 

 

均衡を破ったのは明治

 

【5回表】

 

先頭打者が相手のエラーで出塁すると、犠打四球、再び相手のエラーで1アウト満塁のチャンスをつくります。

 

チャンスで打席には2年・岡本(創志学園)

犠牲フライを放ち1点を先制します!

先制のホームインをする2年・明新(明大中野)

 

1-0

 

 

 

 

【6回表】

 

先頭打者の1年・山﨑(高知商)のライトへのヒット死球でノーアウト一、二塁のチャンスをつくります。

 

次の打者がバント失敗するも、明新四球を選び1アウト満塁とチャンスを広げます。

 

チャンスで打席には1年・堀内(愛工大名電)

犠牲フライを放ち1点を追加します!

犠牲フライでホームインする山﨑

 

2-0

 

 

さらに追加点がほしい明治

 

2年・原田(日本航空石川)がレフトへのタイムリーヒット2年・小池悠(前橋育英)がライトへのタイムリーヒットを放ち、2者連続のタイムリーヒットでさらに3点を追加します!

原田

 

小池悠

 

5-0

 

 

明治はこの回一挙4点を追加します!

 

 

 

 

【7回裏】

 

ここまで1点も与えない気迫のピッチングで相手打線を3安打に抑え込んできた村田が2アウトをとったところで継投に入り、マウンドに上がったのは2年・鈴木涼(明大中野)

 

最後の打者を見逃し三振に斬ってとります!

 

 

 

 

【8回裏】

 

鈴木涼に代わって2年・石川(明大中野)がマウンドに上がります。

 

ヒットでランナーを出すもこの回を無失点に抑えます。

 

 

 

 

【9回裏】

 

石川に代わってマウンドに上がったのは、昨日の勝利投手、1年・蒔田(九州学院)

 

ヒットでランナーを出すも後続を打ち取り点を与えません。

最終回も無失点で締め、そのまま試合終了。

 

 

 

 

5-0

 

 

村田から始まった投手4人による完封リレーで点を与えず、中盤に打線が繋がり一気に相手を切り離し、投打が噛み合った試合となりました!

 

 

 

そして本日の試合でブロックでの順位が1位に決まりました!

明日はBブロック1位のとの決勝戦が行われます。

 

 

*明日の試合*

11月12日(木)
決勝戦
vs(Bブロック1位)
三塁側 13時試合開始予定

 

 

 

明日勝利すれば、秋季フレッシュトーナメント
4年ぶりの優勝となります!

最後いい形で終われるよう、チーム一丸となって戦います!

 

明日も応援よろしくお願いします!

 

それでは本日この辺で失礼します。

 

東京六大学野球ブログリーグ一覧