TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.05.22

vs立教大学 1回戦(●3-4)

みなさんこんばんは!

4年マネージャーの千坂です!

A

優勝の可能性を僅かに残し迎えた最終週。

連勝してその望みを繋げたいところ、、、

A

さっそく本日の試合を振り返りましょう!

 

A

本日のベンチ入りメンバー

 

A

【1回表】

先発は4年・竹田(履正社)

四球と盗塁、センターへのタイムリーヒットで先制されます。

0-1

 

A

【1回裏】

打率トップの4年・陶山(常総学院)一、二塁間を破るヒットで出塁すると、

3年・村松(静岡)犠打、続くバッターのファーストゴロでランナー三塁のチャンスを作ります。

しかし、次のバッターがセカンドゴロに倒れ、チャンスを活かせません。

 

A

【3回裏】

2アウトから村松サードへの内野安打で出塁します。盗塁し、キャッチャーのエラーの間に三塁に向かうもタッチアウト。またもチャンスを逃します。

 

A

【5回表】

ここまで1失点に抑えていた竹田でしたが、死球と犠打、ファーストのエラーで1点追加されます。

0-2

 

A

【8回裏】

試合が膠着する中、3年・山田陸(桐光学園)ライトへのヒットで出塁すると、

1年・宗山(広陵)レフトへのツーベースヒットを放ちノーアウト二、三塁のチャンスを作ります。

続くバッターがセンターフライとピッチャーゴロに倒れるも、陶山セカンドへのタイムリー内野安打で1点を返します。

1-2

 

さらに村松ライトへのタイムリーヒット

4年・丸山(前橋育英)センターへのタイムリーヒットでこの回一挙3点をあげ、逆転に成功します。

3-2

 

A

【9回表】

最終回、3年・渡部翔(千葉黎明)がマウンドを託されます。

しかし、先頭打者のライトへのヒットを皮切りに四球、ライトへのタイムリーツーベースヒットで2点返され逆転されます。

3-4
ピンチは続き、ここで渡部翔に代わり4年・髙橋(小諸商)がマウンドに上がります。

落ち着いてサードフライに打ち取り、味方の逆転を待ちます。
 A
 A
A
【9回裏】
何としてでも反撃したかった明治でしたが、3人で打ち取られ、試合はそのまま終了。

3-4

 A
優勝への道が閉ざされた、痛い敗戦となりました。

 

A

+.――+.――+.――+.――+.――

        明日の試合

       立教大学 

        先攻三塁側

     12時30分試合開始予定

+.――+.――+.――+.――+.――

 A

明日が弊部の春季リーグ戦、最終戦となります。最後まで熱く戦う選手たちの姿をご期待下さい!

 A

それでは本日はこのあたりで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧