TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.06.03

春季フレッシュトーナメント vs早稲田大学(○3-1)

みなさんこんばんは!

本日ブログデビューさせていただきます。

1年マネージャーの岸上です。

 

 

ブロック戦を1勝1敗で終え、本日、早稲田大学との3・4位決定戦が行われました。

最終戦を勝利で飾り、笑顔で終えたいところ…

 

 

それでは早速、本日の試合を振り返っていきましょう!

 

 

本日のベンチ入りメンバー 

 

 

 

 

 

【1回表】

 

先制したい明治

 

先頭が内野ゴロに倒れるも、続く2年・大音(津田学園)センターへのヒットで出塁します。

 

 

次のバッターが内野ゴロで2アウト目を取られ、迎えるは今大会4打点をあげている1年・杉崎(東海大菅生)

右中間へのタイムリーツーベースヒットを放ち、1点を先制します。

 

 

1-0

 

 

 

【1回裏】

 

先発は2年・岡田幹(常総学院)

 

 

2アウト一、二塁のピンチでレフトへのヒットを浴びるも、1年・水谷(花巻東)の好返球により無失点で切り抜けます。

 

 

 

 

【3回表】

 

追加点がほしい明治

 

2アウトランナー無しの場面で2年・久島(城南)死球により出塁。

ここで、打席には4番の杉崎

打った瞬間確信した当たりはレフトへの2ランホームラン

 

 

杉崎の3試合連続のホームランは、チームに貴重な追加点をもたらしました!

 

3-0

 

 

 

【3回裏】

 

味方のエラーにより出塁を許し、続くバッターに内野安打を放たれると、後続の内野ゴロの間にランナーが生還し1点返されます。

 

3-1

 

 

 

【7回裏】

 

ここまでテンポの良いピッチングで早大打線をわずか1点に抑えてきた岡田幹に代わり、

2年・熊野(田辺)がマウンドに上がります。

 

 

センターへのヒットで出塁を許すも、次のバッターを併殺打に打ち取り、見事3人で抑えます。

 

 

 

【8回裏】

 

この回から2年・石田(明治)がマウンドに上がります。

 

 

しかし先頭バッターに四球を与えてしまい、

ランナーを残したまま2年・森勝(広陵)にマウンドを託します。

 

 

レフトへのヒットを打たれ、ノーアウト一、二塁のピンチ。

相手バッターが犠打を試みるも、

2年・菅原(花咲徳栄)が打球に素早く反応。

併殺打となりピンチを凌ぎます。

 

 

 

【9回裏】

 

2アウトまで追い込むも、2本のヒットを許し、降板。

2年・蒔田(九州学院)がマウンドへ上がります。

 

 

レフトへのヒットで満塁とされ、この試合最大のピンチを迎えます。

緊張感が走る中、最後のバッターを内野ゴロに打ち取り、試合終了。

 

 

3-1

 

最終戦を見事勝利で飾り、笑顔で締めくくることができました。

 

 

本日の試合をもって春季フレッシュトーナメントを3位という結果で終えました。

 

 

今大会に出場した選手をはじめとする1・2年生の今後の活躍にもご注目ください。

 

 

応援してくださったファンのみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

それでは本日はこの辺りで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧