BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • ラストシーズンに向けて──小泉徹平(聖光学院)

ラストシーズンに向けて──小泉徹平(聖光学院)

こんにちは!

四国のレジェンド、北原野空君からバトンが回ってきました。4年内野手の小泉徹平です。

a

a

私にとってこの大学4年間は人生において、有意義でかけがえのない時間だったと感じています。

a

a

色々あったこの4年間でしたが、私は明治大学野球部に入って最後まで野球ができたことに悔いはありません。

そして出会えたチームメイト、ご指導してくださったスタッフの方々、支えてくださった両親をはじめ、周りの方々には本当に感謝しかありません。

a

私は野球部に入ってから「やめたい」「やめてやる」そう思うことが何度もありました。

a

a

「なんで野球をしているんだろ?」「野球をこの先続けたいのか?」「野球をやめた方が楽しいのではないか?」「本当にこのまま野球を続けて自分の将来は大丈夫なのか?」「なんのため?」「誰のため?」

そう考える日々が続いていました。

a

a

そんな葛藤の中で、大学3年の時気付かされた瞬間がありました。

a

a

それは、善波前監督の退任です。

入部当初から声をかけてもらったり、時には檄を飛ばしてくださったり、可愛がってもらったりとたくさん面倒を見てくださりました。

同時にどれだけ気にかけてもらえていたのか、どれだけ情熱を注いでもらっていたのか。

「やめたい」という気持ちが徐々に期待に応えたいという気持ちに変わってきました。

a

a

もちろん自分だけではなく、周りの選手たちにも真摯に向き合っている、その姿をみて心を打たれました。

a

a

居なくなってから気付く。

遅いかもしれませんが私は少しでも成長した姿を見せようと私なりに努力をしました。

そこで、野球だけではなく人間としての生き方を見直し改善しようと心に決めて生活をしました。

a

a

そして、今、4年生となり、ラストシーズンを迎えようとしています。

恵まれた同期たちとリーグ優勝がしたいと燃えています。

a

a

野球ができるこの環境と支えてくださっている両親や周りの方、スタッフ、チームメイトに感謝し最後のリーグ戦に臨みたいと思います。

もちろん優勝がしたいですが仮に負けても私はこの野球部で野球ができて良かったと思っています。

a

a

a

前列右端:小泉

a

a

記念に特にお世話になった先輩方と仲の良い同期の紹介!

a

a

【先輩編】

佐野悠太さん(H31卒・現日立製作所):真面目な話はした事無いですけど、ほぼ毎日くっついてました!(笑)

悠太さんの人柄がとても好きで、引退してからとても寂しかったのを覚えています。

a

a

喜多真吾さん(R2卒・現日本製鉄鹿島):50回くらい?以上かな、ご飯奢って貰いました!(半分以上が一風堂)

そんなこと以上に真面目な話も、自分が落ち込んでる時や萎えてる時に、いつも寄り添って話に付き合ってもらっていました。

兄貴的存在です。(笑)

a

a

そして、松下さん、長原さん、藤原さん(3名共R3卒):この3人がいなかったら、本当に野球を続けられていたのか分からなかったです!

アメリカキャンプからずっと一緒で話さない日は1日もないくらいでした!(笑)

先輩というよりかもはや兄弟に近いです!

a

a

【同期編】

西城愁太:多分この先一生関わって行くんだろうなって思います。マブです。

a

a

竹田祐、植田理久都:4年になってからは毎週のように温泉、ご飯に行きましたね。

私の実家で飲んだりご飯食べたり、思い出は数え切れないほどあります。

これからもどうぞ宜しくお願いします。

a

a

丸山和郁:あなたは特別です。

切っても切れない腐れ縁ってやつですかね。

誰よりも苦しく、濃い時間を一緒に過ごしたあの時間は一生忘れないと思います。

俺らのキャプテン、優勝しようぜ!

a

a

以上!

a

a

a

前列左端から時計回りに:竹田、小泉、篠原、丸山

a

a

続いては私のマブでもありイケメンで歌の上手い西城君にバトンを繋ぎます。