BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • ラストシーズンに向けて──三木敢太(東京都市大付)

ラストシーズンに向けて──三木敢太(東京都市大付)

こんにちは。
A
A
ポーカーフェイスから繰り出される伸びるストレート。
ゲームになると一切躊躇ない松元からバトンを受け取りました。
4年外野手の三木敢太(東京都市大付)です。
A
A
ついに私たちの代もラストシーズンを迎えました。
この4年間を振り返った感想としては、まばたき3回したら「え!もう最後⁉︎」っていう感覚です笑
よくつまらない時間はひどく長く感じ、楽しい時間は一瞬に感じると思いますが、まさにそれですね!
A
A
そんな楽しい野球部での生活でしたが、もちろん苦しいことも多く味わいました。
A
A
神宮という夢を持って明大野球部に入部したものの、周囲とのレベルの差から1年間全く試合に出られないという初めての経験をし、正直こんな所で野球はできないと考えたこともありました。
A
A
ですがそんな私が明大野球部で野球を続けてこれたのは、1学年上に青木舜佑さん(R3卒)がいたからです。
A
A
青木さんとは中学、高校、大学と同じチームで野球をやらせて頂き、明治で野球をしている青木さんに憧れて私も後を追うように入部しました。
青木さんの真摯に野球に取り組む姿や寮長としてチームをまとめる姿など、プレー以外での人間性をとても尊敬しています。
青木さんには直接言ったことはないのですが、私が大学4年間野球を続けてこられた原動力は、「青木さんのようになりたい」という思いです。
青木さんと一緒に野球ができて良かったです。
またご飯奢ってください!!笑
A
A
さて、十人十色な野球部の仲間と過ごす寮生活は毎日笑いの絶えない生活で、終わってしまうのが非常に寂しいです。
特に同期のみんなとは4年目の付き合いで、みんなが同期で良かったと心から思います。
A
A
ではこれからこの4年間の中で私の個人的に印象に残っている出来事を挙げていきます!
A
A
・大髙との毎晩の練習
気が付いたらなくてはならない日課になっていました。
野球以外のこともこの時間によく話しました。
たまに大髙の苦手なコースに投げ続けていたのは内緒です。
A
A
・外野手のネット修理
めんどくさかったけどこの時間に外野手で集まれるのを密かに楽しみにしていました。
この仕事を通じて外野手会も開催しましたね。
A
A
・データ班(天野、大池、大髙、上岡、山田智)
1年時のリーグ戦は常に一緒に試合を見ていて、謎のチームワークがありました。
選手の出身校クイズでのマウントの取り合いも懐かしいです。
A
A
・台湾チームとの試合
レフトを守っていた私は足を滑らせて転び、フライを後逸しました。
投げていた宮内には本当に申し訳なかったです。
次の日新品のスパイクを購入しました。
A
A
・サマーリーグ
宿舎であいみょんさんの『君はロックを聴かない』の替え歌を歌って盛り上がりましたが、五十嵐には不評だったのが残念です。
A  
A
・新人戦
試合出場はあまりありませんでしたが、学年一体となって戦えたあの時間は一生の思い出です。
A
A
また野球以外にも、岩田との絡み、天野との就活時期のお風呂、髙橋とのツッコミ合戦、戸部とのボケ合い、大池・米原との月1ファミリー、大髙とのたまにある謎の旅、これファミetc…
A
A
これらはまだまだ氷山の一角で、ここには書ききれない出来事がたくさんありました。
それらは卒業後にみんなで集まったときのお酒の肴にします笑
A
A
最後までチョコたっぷりのトッポくらい中身が詰まった4年間でしたが、我々には最後の秋のリーグ戦があります。
優勝という目標に対して、私はどんな形でもチームに貢献します!!
バッティングピッチャー1000球だって投げます!笑
A
A
私は大学で野球人生を終えます。
これまでの野球人生を振り返り、家族をはじめとした多くの方々の支えがあったからこそ、何不自由なく野球を続けてこれたと思っています。
支えてくれた全ての方々に恩返しするためにも、ラストシーズン、たとえプレーできなくても全身全霊でやり抜きます。
A
A
どうか今後も明治大学野球部への熱い応援のほど、よろしくお願いいたします。
A
A
次は宮内です!!!
彼はこの1年で運命の人物と出会いましたが、突然の別れを告げられました。
しかしこの経験を経て宮内は精神的にも大きくなった(はず)です!
乞うご期待ください!
A
A
※その人物はあるアイドルグループの方です笑
ご安心ください。
A