BIG6 BLOG LEAGUE

明治大学
野球部ブログ

主将 村松 開人
  • TOP
  • ラストシーズンに向けて──小松﨑実侑(清真学園)

ラストシーズンに向けて──小松﨑実侑(清真学園)

みなさん、こんばんは!

入部当初、私の一方的な勘違いから疎遠になり、新チーム発足時、約2年ぶりに会話を交わした、今では仲良し西條裕貴くんからバトンを受け取りました。

4年マネージャーの小松﨑実侑(清真学園)です。

a
a
以前もブログでお話ししたことがあるかと思いますが、私には野球部のマネージャー経験がありません。

中学、高校と6年間、オーケストラや吹奏楽を行う部活で、ヴィオラという弦楽器を弾いていました。

a
a
それまで、野球を観ることはなんとなく好き、という程度でしたが、中学3年生の時、同じ音楽というジャンルを通じて、高校野球の吹奏楽の魅力に取り憑かれ、そこから野球が大好きになりました。

a
a
高校に上がる際、マネージャーとして野球部に転部をすることも考えましたが、まだオーケストラをやり切った実感が無かったので、野球に携わるのは大学から、とその時決めたことをよく覚えています。

a
a
結果としてこうして今、野球部のマネージャーとして活動することができていますし、野球の深い所まで携わることができました。

高校の野球応援とはまたひと味違う、大学の野球応援を毎試合聴くことができるのも、幸せでしかありません。

a
a
とは言え、この4年間を振り返ると楽しかったことと同じくらい、辛かったこと、悔しかったことがあります。

今でこそ、ご指導いただけることのありがたみが分かりますが、1年生の頃は怒られっぱなしの毎日に意味を見出せず、辞めたいと思ったことが何度もありました。

a
a
それでも私は、明大野球部に入部をしたことを後悔していません。

a
a
何気ない日常を切り取っても、試合中の一コマを切り取っても、どんな時も全てがかけがえのない大切な「宝」です。

a
a
加えて、入部をしなければ関わることのできなかった多くの方々にも出会うことができました。

a
a
人としてどうあるべきかを教えてくださった、監督をはじめとする指導者・OBの皆様、

入部前の面接中に突如泣き出した私を見放さず、たくさん成長させてくれたマネージャーの先輩方、

いつもどんな時も熱い声援を送ってくださるファンのみなさん

感謝を伝えたい方がいっぱいで、ここには書き切れません。

a
a
他にも、六大の同期マネ、応援団、明スポ、地元・大学の友達など、関わっていただいた全ての方々に、ありがとうを言いたいです。

a
a
特に、いつも味方でいてくれた家族には本当に感謝しています。

自分でマネージャーをやると決めたのに、何度も弱音を吐いたり八つ当たりをしたり、その度に上まで引っ張り上げてもらいました。

実家のありがたみを、親元を離れ1人で暮らしてようやく感じています。

社会人になったらたくさん恩返しをするね、と言いたいところですが、挫けた時はまた背中を押してください。

a
a
それから、個性的で1人1人の色が濃い31人の同期。

この代のマネージャーになれてよかったと心から思うことがたくさんあります。

まず、そう思えること自体が恵まれていてありがたいことです。

しんどいことや嫌なことがあった時、いつも笑いに変えてくれたみんなには何度も救われました!ありがとう。

自分にできることは限られていますが、最後までみんなの力になれたらいいな、と思っています。

a
a
最後に、紗雪や裕貴くん、後輩マネージャーのみんな。

至らない点が多過ぎて、未だに負担をかけ続けているマネージャー陣には、感謝の気持ちと同じくらい申し訳なさでいっぱいです。

息をするように、これどうしたらいい?を連発する私に対し、いつも的確な助言をくれたり解決策を教えてくれたりと、みんなには頭が上がりません。

本当にありがとう。

a
a
こうして振り返ると、たくさんの優しさとご縁に恵まれた4年間でした。

a
a
いのしし

a
a
この4年間、どんなことをするにも私1人の力だけでは何も成し得なくて、今の自分がいるのも、本当にたくさんの方に力を貸していただけたからです。

本来ならばマネージャーである自分は、チームを支える立場にいるはずですが、それ以上に多くのことをチームメイトから学ばせてもらい、そして支えてもらいました。

マネージャーとしては失格かもしれませんが、1人の人間としては少しは成長できた気がします。

a
a
改めて、野球だからこそマネージャーをやろうと決心することができましたし、明大野球部だからこそずっと続けることができたのだと思います。

a
a
みんなの笑顔を見るのが大好きなので、今秋こそ優勝して全員で笑えるよう、最後まで全力で取り組んでいきます。

a
a
今後とも東京六大学野球、そして明治大学野球部へのご声援を、よろしくお願いします!

a
a
長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

a
a
次は、私の大好きで大切な唯一無二の相棒、千坂紗雪です!

a
入部前の面接の帰り道、お互い名前も知らないままラーメンを食べに行ったり、2人で新宿に行くと必ずハプニングが起きたり

たくさん笑ってたくさん泣いて、紗雪のおかげで4年間本当に楽しく過ごせました!ありがとう!

a

左から:小松﨑、千坂

a
a
明日のブログもお楽しみに
音譜