TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.09.09

ラストシーズンに向けて──髙橋聖人(小諸商)

こんばんは!

明治の誇るアスリート系オタクの陶山くんからバトンをいただきました、副将で投手の髙橋聖人(小諸商)です。

a

a

このブログを書いている今、大学4年間があっという間に過ぎたということを実感しています。

それだけこの4年間は充実したものだったんだと思います。

a

a

この野球部での生活は、自分を「成長」させてもらえた素晴らしい場所でした。

田中監督をはじめとする首脳陣の方々、善波前監督、今までお世話になった先輩方、後輩、そして同級生のみんな、応援団、明スポ、全ての人達に感謝してもしきれません。本当にありがとうございました。

a

a

「成長」という一言で自分の大学野球人生を表したので、身も心も成長した、大学入学から今までを振り返ってみたいと思います。

a

明治大学野球部との最初の出会いは、高校2年の夏でした。

高森キャンプに参加させて頂き、レベルの高い野球を体験させてもらいました。この時はこの野球部に入ることなんて想像もしていませんでした。むしろ、こんなレベルの高いところでは試合に出るどころか、入部すら出来ないと思っていました。

a

そして同年冬、府中にて練習参加させてもらいました。

同じ日に偶然、当時はまだピッチャーをしていた丸山と、まだカクカクした投げ方をしていた竹田も参加していて、その時はこんな人達がこのチームに来るんだと、周りの選手のレベルの高さを実感しました。今となってはこの日は懐かしい思い出です。

a

そして、様々なご縁があり、明治大学野球部に入部させていただくことが出来ました。

これは母校の山口智之校長先生と野球部監督のご尽力のお陰です。本当にありがとうございました。

a

そして、入寮し初めてのオープン戦で投げた時、実績の少ない自分には、厳しい世界だと感じました。

その時の実力でこの先通用するのか、リーグ戦に出場するどころか、ベンチにも入れないのではないかと思い必死に練習しました。

その甲斐あってか、1年秋でベンチ入り、そして登板のチャンスを頂けて本当に嬉しかったです。

a

a

そして現在は副将という立場になりました。

登板機会も増え、少しずつチームに貢献できるようにもなってきました。

正直、高校生の時の自分からは想像できません。この明治大学野球部の人間力を大切にする伝統や、人前に立つ機会や部員をまとめたりすることが多くなったお陰で、人間的に成長出来ました。

a

a

また、高校とは違い大学は4年間在籍するため、今までの学生生活よりも同期のみんなと絆が深まったような気がします。

特に一緒にいる時間の長かった投手陣とは楽しい時を過ごせたのではないかなと思います。

自分は、プレー中に転んだり、しょうもない怪我をしたりとハプニングが多かったですが、それを同級生が面白おかしくしてくれたのも、楽しくできた理由の1つだったのかもしれません。

a

また、きついトレーニングもみんなと一緒にすれば乗り越えられました。

そのお陰か、身長は伸びませんでしたが、足は太くなり、身体的にも成長できたような気がします。

a

 a

改めてこの野球部には、能力的にも人間的にも「成長」させてもらいました。

そして、努力の大切さを教えてもらいました。

色々なことを教えてくれた、明治大学野球部には感謝しかありません。

a

a

そして最後になりましたが、こうして野球を続けてこられたのは間違いなく両親のお陰です。

いい時も悪い時も1番に連絡をくれるのは両親でした。本当にありがとうございました。

a

a

この時期になってくると、何事にも“最後の”という言葉が付くようになります。

このメンバーでできるリーグ戦もこれで最後になります。

悔いのないよう、今までやってきたことを信じて戦い抜きたいと思います。

a

a

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

次は、明治の誇るスピードスター、我らがキャプテン丸山くんです!

春のリーグ戦にて、ベストナインという素晴らしい成果を残した、丸山の文章にご期待ください!

それじゃまた次のブログで!ばいび〜!

a

a

a

前列左から4番目:髙橋

東京六大学野球ブログリーグ一覧