TOKYOROCKS 東京六大学野球

明治大学野球部ブログ | 東京六大学野球公式ブログリーグ TOKYOROCKS

2021.10.18

vs早稲田大学 2回戦(●0-3)

みなさんこんばんは!

4年マネージャーの千坂です!

A

本日は対早稲田大学2回戦。

一昨日の逆転負けの借りを返し、勝ち点をあげたいところ、、、

A

さっそく本日の試合を振り返っていきましょう!

A

A

本日のベンチ入りメンバー

A

A

【1回表】

1アウトから3年・村松(静岡)ファーストへの内野安打で出塁します。

しかし続くバッター2人が三振に倒れ、幸先良く先制点とはなりません。

A

A

【1回裏】

先発のマウンドに上がるのは年・藤江(大阪桐蔭)

2アウトから二者連続でレフトへのヒットを許すも、続くバッターをセンターフライに打ち取ります。

藤江はその後も力強いピッチングで相手打線を0点に抑えていきます。

A

A

【2回表】

1アウトから1年・宗山(広陵)サードへの内野安打で出塁します。

しかし、果敢に盗塁を試みるも失敗し、続くバッターも空振り三振に倒れます。

A

A

【4回表】

1アウトから4年・丸山(前橋育英)レフトへのツーベースヒットで出塁します。

続くバッターのセンターフライで三塁に進むも、後続がショートゴロに倒れてしまいます。

A

A

【5回表】

2アウトから3年・蓑尾(日南学園)ライトへのヒットで出塁するも、

続くバッターがピッチャーゴロに打ち取られてしまいます。

A

A

【7回裏】

試合の均衡が破られたのがこの回。

ここまで相手打線を無失点に抑えていた藤江が先頭打者のライトへのヒット、送りバント、四球で1アウト一、二塁のピンチを招きます。

A

ここで藤江に代わって4年・髙橋(小諸商)がマウンドに上がります。

無失点で切り抜けたいところでしたが、センターへのヒットとライトへのツーベースヒットを浴び、3点を失います。

0-3

A

続くバッターを空振り三振としたところで髙橋は降板。

なおもランナー三塁の場面で4年・磯村(中京大中京)がマウンドに上がります。

落ち着いてショートフライに打ち取り、ピンチを凌ぎます。

A

A

【8回表】

2アウトから代打の年・中村(日大三)セカンドへの強襲ヒット4年・陶山(常総学院)ライトへのヒットを放ち、一、二塁のチャンスを作ります。

中村

陶山

しかし次のバッターがキャッチャーゴロに倒れ、チャンスを活かせません。

A

A

【8回裏】

2年・村田(春日部共栄)がマウンドに上がります。

しっかりと三者凡退に抑え、勝利への望みを繋げます。

A

A

【9回表】

逆転したい明治は、先頭打者の丸山2年・上田(愛産大三河)二者連続、レフトへのヒットで出塁します。

続くバッターが空振り三振、内野ゴロで上田がアウトとなるも、この間に丸山が三塁まで進塁し、2アウト一、三塁と得点のチャンスを作ります。

A

しかし、最後のバッターがキャッチャーフライに倒れ試合終了。

0-3

西垣投手の前に打線が繋がらず、悔しい2戦連続敗戦となりました。

A

*********************************************

                次週の試合

            10月23日(土)

             立教大学1回戦

                先攻三塁側

             11時試合開始

*********************************************

A

来週も熱く戦う選手たちの姿をご期待下さい!

それでは本日はこのあたりで失礼します。

東京六大学野球ブログリーグ一覧